Xsolla-logo

ユーザーの二要素認証設定を更新

post/users/me/mfa

プロジェクトの二要素認証設定を更新します。ユーザーはワンタイムコードを入力して、変更を確認する必要があります。

このコールを使用するワークフロー:

  1. ユーザーが二要素認証を有効または無効にします。
  2. アプリケーションはエクソラログインサーバにリクエストを送信します。
  3. エクソラログインサーバーは、1回限りの確認コードをユーザーに送信し、二要素認証ページのURLを返します。
  4. アプリケーションは、ユーザーをURLにリダイレクトします。
  5. ユーザーはワンタイムコードを入力します。
  6. 新しい二要素認証設定が適用されます。

ログインプロジェクトでは、二要素認証を有効にする必要があります。有効にするには、アカウントマネージャーまでお問い合わせください。

SecurityBearer
Request
query Parameters
login_url
string

URL to redirect the user to after account confirmation, successful authentication, two-factor authentication configuration, or password reset confirmation. Must be identical to the Callback URL specified in the URL block of Publisher Account. To find it, go to Login > your Login project and select the Callback URLs section in the upper block of the navigation page. Required if there are several Callback URLs.

Request Body schema: application/json
mfa_type
required
string

二要素のタイプ。以下の値を指定できます:emailまたはsms。ログインプロジェクトでは、指定したタイプを有効にする必要があります。セットアップするには、アカウントマネージャーまでお問い合わせください。

Enum: "email" "sms"
enabled
boolean
Default: false

二要素認証設定の状態。有効にするにはtrue値を設定し、そうでない場合はfalse値を設定します。

locale
string

リージョンは<language code>_<country code> フォーマット。

  • language code: 言語コードは ISO 639-1フォーマット;
  • country code: 国及び地域名コードはISO 3166-1 alpha-2フォーマット。
Responses
200

OK

401

未認証

422

処理不可能なエンティティー

429

リクエストの回数が多すぎます

Request samples
application/json
{
  • "enabled": true,
  • "mfa_type": "email"
}