簡単な計算

迅速な計算により、データのいくつかの傾向を表現することができます。

図表に簡単な計算を追加するには:

  1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開きます。
  2. アナリティクス > レポートに移動します。
  3. 既存のレポートを開いか、新しいレポートを作成します
  4. レポートのトップパネルにあるEditをクリックし、クイック計算を追加したい図表を選択します。
  5. 図表エディターのDataタブを開き、ディメンションを選択します。
  6. Value axisセクションで選択されたメジャーをクリックし、Quick Calculationを選択します。
  7. 適切な計算を選択します。

対策として、以下のような簡易計算が可能です:

累計

Running Totalの計算を選択すると、現在と過去のすべての値の合計が表示されます。

前との差

Difference from Previousの計算を選択すると、現在と前回の値の差が表示されます。

前との割合

Percent from Previousの計算を選択すると、現在値と前回値の差を絶対値で表示することができます。

前との差の割合

Percent Difference from Previousの計算を選択すると、現在の値と前回の値の差が表示されます。この計算は、Percent from Previousとは異なり、増分と減分の両方を表示し、負の値を含むことができます。

構成比

Percent of Totalの計算を選択すると、現在の値がすべての値の合計に対する割合で表示されます。

選択された要素の比率

Percent of Selected Elementsの計算を選択すると、追加したフィルターを考慮して、現在の値をすべての値の合計に対する割合として表示することができます。

前年同期比

Year-on-Yearの計算を選択すると、選択した期間のデータを昨年の同時期と比較することができます。Dateタイプのディメンジョンでのみ利用可能です。

前年度比増減率

Year-over-Yearの計算を選択すると、選択した期間のデータと前年同期のデータの差分をパーセントで表示します。Dateタイプのディメンジョンでのみ利用可能です。

並行期間

Parallel Period計算を選択して、現在の期間と同じ前の期間のデータを比較します。Countフィールドに、比較を開始する現在の期間から何日前かを入力します。

Dateタイプのディメンジョンでのみ利用可能です。

現在の期間と以前の期間の両方の図表を同じダイアグラムに配置して比較するには、同じ集計タイプで、計算を適用しない別のメジャーを追加します。

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!
最終更新日: 2022年8月31日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!