図表フィルターを使用する

フィルターは、データ分析に含める情報を選択し、図表に表示するための重要な機能です。

次のフィルターを指定できます:

文字列または領域タイプの次元によるフィルター

  1. Add a filterボタンをクリックして、希望の文字列または領域タイプの次元を選択します。
  2. フィルターのタイプを選択します:
    • Select
      1. 図表に表示する要素の前に目盛りを付けます。必要に応じて検索ツールを使用してください。
      2. デフォルトでは、選択したアイテムがリストに含まれます。選択したアイテムを除外して他のアイテムをすべて残したい場合は、歯車のアイコンをクリックしてExcludeを選択します。
      3. Doneをクリックします。
    • Wildcard
      1. ドロップダウンリストからタイプを選択します。
      2. Stringフィールドに値を入力します。
      3. デフォルトでは、選択したアイテムがリストに含まれます。選択したアイテムを除外して他のアイテムをすべて残したい場合は、歯車のアイコンをクリックしてExcludeを選択します。
      4. Doneをクリックします。
    • Ranking
      1. ドロップダウンリストから、含める次元要素 − 上または下 − を選択します。
      2. アイテム数を入力してください。
      3. 計算するメジャーと集計のタイプを選択します。
      4. デフォルトでは、選択したアイテムがリストに含まれます。選択したアイテムを除外して他のアイテムをすべて残したい場合は、歯車のアイコンをクリックしてExcludeを選択します。
      5. Doneをクリックします。

メジャーによるフィルター

  1. Add a filterボタンをクリックして、希望のメジャーとその集計タイプを選択します。
  2. 歯車のアイコンを使って、選択設定を管理します。集計値と生データのどちらにフィルターを適用するかを指定します。
  3. ドロップダウンリストから希望のフィルタータイプを選択します。
  4. 下のフィルドにフィルターの値を入力します。

日付によるフィルター

Add a filterボタンをクリックして、希望の日付次元とフィルターの期間を選択します。

Date rangeオプションでは、開始日と終了日を設定することで、データをフィルタリングするカスタム期間を指定することができます。日付範囲のプリセット(例えば、今週または前四半期など)が用意されているので、ぜひ活用してください。

もうひとつのオプションは、日付 - 指数フィルタリングです。これは、数年にわたってある月での従業員の業績、あるいは毎週月曜日の商品売上のような特定情報を取得する場合には非常に役立ちます:

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!
最終更新日: 2021年10月20日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!