レポートフィルターの使用

フィルターは、特定の図表だけでなく、レポート全体に設定することができます。フィルタリングは、編集モードと表示モードの両方で利用できます。レポートのフィルターは無制限に追加することができます。

レポートフィルターを設定するには:

  1. パブリッシャーアカウントでプロジェクトを開きます。
  2. アナリティクス > 自分のレポートに移動します。

  1. 既存のレポートを開くか、新しいレポートを作成します。

  1. ファンネルのアイコンをクリックすると、フィルターが表示されます。

  1. Add Filterを選択すると、データソースで利用可能なすべての次元とメジャーのリストが表示されます。

Note
既定では、フィルターは、そのフィルターが設定されているデ次元またはメジャーに応じて名前が付けられます。フィルターを追加した後、名前を変更することができます。

  1. 使用可能なオプションからフィルターを選択します:

日付によるフィルター設定

日付によるフィルターを設定するには:

  1. Add a Filterをクリックします。

  1. Dateタイプの次元を選択します。

  1. フィルタリングする時間間隔をドロップダウンメニューから選択します:
    • 年間
    • 四半期間
    • 月間
    • 週間
    • 日間
  2. フィルターを適用する図表を選択します。

  1. Doneをクリックします。
  2. 期間を選択します。

  1. Doneをクリックします。

文字列または領域タイプの次元によるフィルター設定

StringまたはTerritoryタイプのフィールドにフィルターを追加する場合、次のフィルタリングオプションのいずれかを選択できます:

選択

Selectフィルタータイプでは、特定の事前定義された次元要素をフィルタリングすることができます:

  1. ドロップダウンメニューからフィルタリングの範囲を選択します:
    • このデータソースに基づいて作成された全ての図表
    • 特定の図表
  2. All charts built on this data sourceを選択した場合は、Doneをクリックしてステップ4に進みます。
  3. Specific chartsを選択した場合は、Add a Chartを使用してリストから図表を選択し、Doneをクリックします。

  1. 図表に表示したい項目にチェックを入れます。必要に応じて検索を行います。
  2. デフォルトでは、選択したアイテムがフィルターに含まれます。選択した項目を除外して他の項目をすべて残したい場合は、歯車のアイコンをクリックしてExcludeを選択します。
  3. Doneをクリックします。

ワイルドカード

Wildcardフィルタタイプでは、特定の値で行をフィルタリングすることができます:

  1. ドロップダウンメニューからフィルタリングの範囲を選択します:
    • このデータソースに基づいて作成された全ての図表
    • 特定の図表
  2. All charts built on this data sourceを選択した場合は、Doneをクリックしてステップ4に進みます。
  3. Specific chartsを選択した場合は、Add a Chartを使用してリストから図表を選択し、Doneをクリックします。

  1. ドロップダウンメニューからマッチタイプを選択します:
    • 含む
    • 始める
    • 終わる
    • 完全に一致する

  1. Stringボックスで、値を入力します。

  1. デフォルトでは、選択したアイテムがフィルターに含まれます。選択した項目を除外して他の項目をすべて残したい場合は、歯車のアイコンをクリックしてExcludeを選択します。
  2. Doneをクリックします。

ランキング

ランキングを使用すると、特定のメジャーの上位または下位のアイテムをいくつでも選択できます。

  1. ドロップダウンメニューからフィルタリングの範囲を選択します:
    • このデータソースに基づいて作成された全ての図表
    • 特定の図表
  2. All charts built on this data sourceを選択した場合は、Doneをクリックしてステップ4に進みます。
  3. Specific chartsを選択した場合は、Add a Chartを使用してリストから図表を選択し、Doneをクリックします。

  1. ドロップダウンメニューから、トップとボトムのどちらの次元要素を含めるかを選択します。

  1. アイテム数を入力します。
  2. 計算を実行するメジャーとタイプの集計を選択します。
  3. デフォルトでは、選択したアイテムがフィルターに含まれます。選択した項目を除外して他の項目をすべて残したい場合は、歯車のアイコンをクリックしてExcludeを選択します。
  4. Doneをクリックします。

メジャーによるフィルター設定

レポートフィルターを数値フィールドに適用するには:

  1. Add a filterをクリックします。
  2. メジャーと集計タイプを選択します。

  1. このフィルターを適用する図表を選択します。
  2. アイテムをフィルタリングするためのルールを設定します。

  1. 値を入力します。

  1. Doneをクリックします。

一度追加されたレポートフィルターは、Report Filtersを再度表示する際に使用することができます。

また、•••のアイコンをクリックして拡張メニューを開き、フィルターを使って以下の操作を行うこともできます:

Disable AllまたはEnable Allボタンを使用して、すべてのフィルターを管理することができます。

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!
最終更新日: 2021年10月11日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!