属性

属性とは、アイテムの特徴であり、アイテムに関する追加情報を共有するのに役立ちます。

主な機能:

  • アイテムの追加特性を指定する
  • アイテムをイベントや条件にリンクさせる

属性の例

アイテムタイプ属性名属性値
ゲームキーゲームのタイプ新規、アーリーアクセス、近日公開、スペシャル
ジャンルアクション、アドベンチャー、カジュアル、シミュレータ、ストラテジー、RPG
仮想アイテム品質エピック、レジェンダリー、コモン
クラスウォリアー、パラディン、ハンター、シャーマン、ドルイド
仮想通貨イベント新しい年
クエストクエスト1の完了、クエスト2の完了

統合フロー

  1. 属性をセットアップします。
  2. 属性値をセットアップします。
  3. アイテムの属性をセットアップします。

属性を設定する

各属性には以下のパラメータがあります:

  • External ID — ユニークな属性識別子。
  • 名称(プロジェクトで使用されるすべての言語で指定されます)。
  • 値のリスト。

属性を作成してセットアップするには、以下のことがあります

  1. パブリッシャーアカウントの機能を利用する
  2. APIコールを使用する

パブリッシャーアカウント経由の構成

  1. ストア > カタログ管理に移動します。

  1. 属性セクションで構成するをクリックします。

  1. 属性を作成するをクリックします。

  1. External IDと属性名を指定します。

  1. 保存して続けるをクリックします。

  1. 作成した属性に必要な値をすべて指定します。すべての値に対して、External IDを指定します。値を増やすには、+をクリックします。

  1. 終了するをクリックします。

Note
プロジェクトの属性数に制限はありません。

APIコールによる設定

AttributesグループのAdminサブセクションのAPIコールを使用して、属性をセットアップします:

Notice
アトリビュートを削除すると、その値やアイテムとの接続はすべて失われます。削除したアトリビュートとそのデータを復元することはできません。

属性値を設定する

すべての属性値には以下のパラメータがあります:

  • 親属性のexternal_id
  • 値のexternal_id
  • 名称(プロジェクトで使用されるすべての言語で指定されます)

属性値を作成してセットアップするには、以下のことがあります:

  1. パブリッシャーアカウントの機能を利用する
  2. APIコールを使用する

パブリッシャーアカウント経由の構成

  1. ストア > カタログ管理に移動します。

  1. 属性セクションで構成するをクリックします。

  1. 属性のリストから必要な属性を選択します。

  1. タブを開き、値を作成するをクリックします。

  1. 値のexternal IDと名称を指定します。

  1. 変更を保存するをクリックします。

Note
1つの属性に対して20個以上の値を指定することはできません。この制限を変更するには、アカウントマネージャーに連絡してください。

APIコールによる設定

属性を設定するには、AttributesグループのAdminサブセクションからAPIコールを使用します:

Notice
値を削除すると、その値とアイテムとのつながりがすべて失われます。このデータを復元することはできません。

アイテムの属性を設定する

アイテムに属性を追加するには、以下のことがあります:

  1. パブリッシャーアカウントの機能を利用する
  2. APIコールを使用する

パブリッシャーアカウント経由の設定

アイテムにアトリビュートを追加するには:

  1. ストアに移動します。
  2. 必要なアイテムタイプのセクションを開きます:
    • 仮想アイテム
    • 仮想通貨
    • ゲームキー
    • バンドル

  1. 新しいアイテムを作成するか、既存のアイテムを編集します。
  2. アイテムの一般的な情報を入力しながら、属性セクションで以前に作成した属性を選択します。

Note
デフォルトでは、1つのアイテムに20以上の属性を設定することはできません。この制限を変更するには、アカウントマネージャーに連絡してください。

  1. 表示されるフィールドで、必要な属性値に対応する識別子を選択します。

Note
1つのアイテムに6つ以上の同じ属性の値を指定することはできません。この制限を変更するには、アカウントマネージャーに連絡してください。

APIメソッドによる設定

Create virtual itemまたはUpdate virtual itemメソッドにリンクさせたい属性の識別子と値を持つオブジェクトの配列を渡します。

Copy
Full screen
Small screen
"attributes": [
   {
     "external_id": "craft-materials",

     "values": [
       {
         "external_id": "steel",

       },
       {
         "external_id": "leather",

   },
   ...
]

Note
APIコールでアイテムを受信すると、アイテムに結びついた属性とその値のリストが表示されます。
この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!
最終更新日: 2021年6月25日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!