Slackとの統合

メッセージングアプリのSlackを使用している場合は、チャットと統合します。Slackとチャットを統合すると、Slack内でエクソラの担当者とチャットができるようになります。追加のゲストアカウントを作成したり、サードパーティのソリューションを使用したりする必要はありません。

下の図は、チャットとSlackの間でメッセージをやり取りするプロセスを示しています:

Slackとの統合をチャットで設定するには:

  1. Slackにログインします
  2. Slackでアプリを作成します
  3. アプリのパーミッションスコープを設定します
  4. Slackチャンネルにアプリを追加します
  5. イベントを購読します

Slackでアプリを作成する

  1. アプリ作成画面を開きます
  2. アプリをゼロから構築することを選択します。

  1. フォームの各フィルドを入力します:
    1. App Nameフィルドであなたのアプリの名称を入力します。例えば、Chat Xsolla
    2. Pick a workspace to develop your app inフィルドでアプリを追加するワークプレイスを入力します。
  2. Create Appをクリックします。

アプリの許可スコープを設定する

  1. 自分のアプリのページで、Features > OAuth & Permissionsセクションに移動します。別のページにいる場合は、自分のアプリに移動し、リストから前のステップで作成したアプリを選択します。その後、Features > OAuth & Permissionsセクションに移動します。

  1. Scopesブロックで、Add an OAuth Scopeをクリックして、以下の許可範囲を追加します:
    • channels:history — 追加されたアプリを使用して、パブリックチャネルのメッセージ履歴を表示します。
    • chat:write — アプリの名前でメッセージを送信します。
    • chat:write.customize — ユーザー名とアバターをカスタマイズできるアプリの名前でメッセージを送信します。この許可範囲では、チャットをしているエクソラ担当者を特定することができます。
    • files:read — 追加されたアプリでチャンネルとダイレクトメッセージで共有されたファイルを表示します。
    • groups:history — 追加されたアプリを使用して、プライベートチャネルのメッセージ履歴を表示します。
    • im:history — 追加したアプリでダイレクトメッセージのメッセージ履歴を表示します。
    • users:read — ユーザー情報を表示します。この許可範囲により、エクソラ担当者は、チャットしているユーザーを特定できます。このアクセス許可範囲が追加されていない場合、メッセージは匿名になります。

  1. アプリをワークスペースに追加するには、OAuth & Permissions > OAuth Tokens & Redirect URLsセクションに移動し、Install to Workspaceをクリックします。

  1. Allowをクリックして許可範囲を追加することを確認します。

Slackとの統合

  1. Slackワークスペースを開きます。
  2. アプリに追加したいチャンネルをマークします。また、プライベートまたはパブリックのチャンネルを新規に作成することもできます。
  3. チャンネルのコンテキストメニューを開き、Open channel detailsを選択します。

  1. タブIntegrationsに移動してAdd an Appをクリックします。

  1. リストからチャットXsolla appを選択してAddをクリックします。

イベントを購読する

メッセージをチャットに送信するには、アプリにイベントサブスクリプションを設定します:

  1. 以下の情報をアカウントマネージャーに送信してください:
    • Signing secret
    • トークン
    • アプリを追加したチャンネルまたはチャンネルIDへのリンク。チャットからのチャンネルをSlackのチャンネルに接続するには必須です。チャンネルのコンテキストメニューにリンクが表示されます:チャプターSettings > Slack Connectに移動してShare linkを選択します。

Note
あなたのプロジェクトにアカウントマネージャーがいない場合は、エクソラパブリッシャーアカウントの画面下隅にあるチャットウィジェット、または説明書ウェブサイトからこの情報を送信することができます。

  1. アカウントマネージャーからイベントを受信するためのURLを取得します。
  2. Your Appsページに移動し、作成されたアプリを開きます。

  1. アプリの設定ページで、Event Subscriptions > Enable Eventsセクションに移動し、Enable EventsトグルをOnに設定し、受信したURLをRequest URLフィールドに貼り付けます。
  2. フィールドがVerifiedと表示されていることを確認してください。「Verified」マークがない場合は、URLが正しいかどうかを確認するか、アカウントマネージャーにお問い合わせください。
  3. Event Subscriptions > Subscribe to bot eventsセクションに移動して、Add Bot User Eventをクリックして、以下のイベントを購読します:
    • message.im — 新しいメッセージがアプリのダイレクトメッセージに送信されます。
    • message.groups — 新しいメッセージがプライベートチャネルに送信されます。
    • message.channels — 新しいメッセージがパブリックチャネルに送信されます。
    • file_shared — ユーザーが、アプリのダイレクトメッセージまたはチャネルで、追加されたアプリとファイルを共有しました。

  1. Save Changesをクリックします。

サインシークレットを取得する

このシークレットは、アプリケーションからのリクエストを検証するために使用されます。これを取得するには、アプリの設定ページで、Basic information > App Credentialsに移動します。Signing Secretフィルドに移動して、Showをクリックして、フィールドの値をコピーします。

トークンを取得する

このトークンは、チャットからSlackにメッセージを送信するために使用されます。トークンを取得するには:

  1. アプリの設定ページで、Features > OAuth & Permissionsに移動します。
  2. Bot User OAuth Tokenフィールドから認証トークンをコピーします。

ボットをコントロール

チャットエクソラを接続するために新しいチャンネルにボットを追加する

  1. チャンネルのダイアログウィンドウで、@chat-xsollaを入力して、ボットを見つけてリストから選択します。

  1. 開いたウィンドウで、Invite to Channelをクッリクします。

  1. チャンネルリンクまたはIDをコピーして、アカウントマネージャに送信すると、チャットに接続されます。チャンネルのコンテキストメニューにリンクが表示されます:チャプターSettings > Slack Connectに移動してShare linkを選択します。

ボットを削除

  1. ボットリストを開きます。Slack ワークスペースに追加したボットのConfiguration/nt>タブに表示されます。

  1. 鉛筆のアイコンをクリックしてEdit configurationに移動します。開いたページで、Removeをクリックします。

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!
最終更新日: 2022年4月6日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!