GShare

GShareは、ゲーム開発者がゲーム内購入を行わないユーザーから収益を獲得するための支援を提供します。ユーザーはゲーム内の残高に加算される報酬を獲得するために使用しているPCのリソースを利用するデスクトップアプリをインストールします。これにより、ゲーム内購入に対する支払いを行うことができます。主な機能:

  • Microsoft Windows 10以上をサポート
  • 御社ブランドのニーズに合わせてアプリをカスタマイズ
  • 20言語以上へのUIローカライゼーション。デフォルトの言語は英語とロシア語です。さらに追加する場合には、担当のアカウントマネージャーまでお問い合わせください
  • リソース(CPUおよび/またはGPU)のより良い最適化
  • 最低報酬額を設定
  • ユーザーのゲーム内残高への直接支払い

Note: GShareを統合するには、決済ステーションストアを有効化されている仮想通貨モジュールと接続する必要があります。

統合フロー

GShare統合には2つのタイプがあります:

カスタマイズされたアプリ

標準のGShareアプリをゲームのニーズに従ってカスタマイズする場合にはこの統合タイプを選択します。このGShareビルドへのリンクを以下に配置できます:

Note: この統合タイプは1度に1つのゲームのみサポートします。ユーザーに異なるゲームで機能する複数のGShareビルドをダウンロードしてインストールして欲しい場合には、GShareを実行するゲームを選択し、標準アプリ統合タイプを選択します。このタイプでは、ユーザーは標準GShareビルドのみをダウンロード、インストールできます。その後、エクソラナンバーを介して認証を行います。

前提条件

エクソラランディングページ御社のランディングページユーザーのゲームアカウントに御社のGShareビルドへのリンクを配置する場合には、最初に以下の設定を適用する必要があります:

  1. 決済ステーション設定に移動し、パブリックユーザーIDを介したユーザー認証を有効にします。これはGShareでのゲームおよび認証のための固有のユーザー識別子です(例:ユーザーEメールまたはニックネーム)。
  2. ユーザー検索ウェブフックを設定します。

カスタマイズされたビルド

担当のアカウントマネージャーにお問い合わせいただくか、am@xsolla.comまでEメールで以下の情報を添えてお問い合わせください:

  • 最低報酬金額(パブリッシャーアカウントの仮想通貨モジュール設定で指定された仮想通貨の1単位と同一)。
  • UIStyle.jsonとアプリのカスタマイズされたスタイル。
  • 変更したいUIテキスト。
  • ICO形式のアプリのアイコン。サイズ:32x32 pxおよび128x128 px。
  • SVG形式の読み込み中画面の画像。

標準UIStyle.jsonの例:

{
    "common": {
        "background_color": "#121217",
        "card_background_color": "#1b1b24",
        "prime_color": "#0096d1",
        "text_color": "#ffffff",
        "input_color": "#2e2e3a"
    }
}

フィールドの説明:

  • background_color— アプリの背景色
  • card_background_color— ブロックとダイアログボックスの背景色
  • prime_color— さまざまなUIエレメントのアクセント色(例:コール・トゥ・アクションボタン)
  • text_color— テキスト色
  • input_color— 入力フィールドの色

Info: カスタマイズされたビルドの準備には3~5営業日を要します。

御社担当のアカウントマネージャーに以下の情報をご提供ください:

  • 変更したいランディングページのテキスト。スタンダードエクソラランディングページを表示
  • 御社のドメイン名のためのURL(オプション)。デフォルトでは、ランディングページはエクソラドメイン上に公開されており、<landing_name>.xsollasitebuilder.com形式のURLとなります。御社のURLでランディングページが正常に表示されるよう、DNS設定でCNAMEレコードを<landing_name>.xsollasitebuilder.comに追加します。

Info: カスタマイズされたビルドの準備はエクソラにより実行され、通常3~5営業日を要します。ランディングページはエクソラサイトビルダーにより作成され、公開されます。

以下のスクリプトを御社のランディングページに追加します:

<script>
function downloadGShare() {
let partnerId = 1;
let userId = 'some_user_id';
let link =  'https://api-generator.xsolla.com/gshare-dists?partner_id=' + partnerId + '&user_login=' + userId;
window.open(link, "_top");
}
</script>
<input value="Download GShare" onclick="downloadGShare()" type="button">

GShareデータベースからパートナーIDをpartner_idに渡す必要があります。partner_idの値を取得するには、アカウントマネージャーにお問い合わせください。

ユーザーID (v1) をuser_loginに渡すこともできます。どの値もパスしない場合には、ユーザーはアプリをダウンロードする際にパブリックユーザーIDを入力する必要があります。

GShareバナーを決済UIに表示し、ユーザーを御社のランディングページにリダイレクトする場合には、アカウントマネージャーにお問い合わせいただくか、am@xsolla.comまでEメールでお問い合わせください。ユーザーには決済ステータスページのバナーが表示されます。

ユーザーのゲームアカウントに以下のスクリプトを追加します:

<script>
function downloadGShare() {
let partnerId = 1;
let userId = 'some_user_id';
let link =  'https://api-generator.xsolla.com/gshare-dists?partner_id=' + partnerId + '&user_login=' + userId;
window.open(link, "_top");
}
</script>
<input value="Download GShare" onclick="downloadGShare()" type="button">

GShareデータベースからパートナーIDをpartner_idに渡す必要があります。partner_idの値を取得するには、アカウントマネージャーにお問い合わせください。

ユーザーID (v1) をuser_loginに渡すこともできます。どの値もパスしない場合には、ユーザーはアプリをダウンロードする際にパブリックユーザーIDを入力する必要があります。

標準アプリ

標準のGShareアプリをデフォルトの設定で使用する場合には、この統合タイプを選択します。このGShareビルドへのリンクは、決済UIのバナーにのみ配置することができます。

バナーは決済ステータスページに表示されます。バナーをクリックすると、標準GShareアプリをダウンロードするためのリンクが記載されたランディングページにユーザーをリダイレクトします。ユーザーがアプリをダウンロードすると、ユーザーの固有識別子であるエクソラナンバーが付与されます。これは、ダウンロード時に生成され、さまざまなビルドのサポートを有効にし、特定のゲームの特定のビルドを選択できるようにします。ユーザーはアプリをインストールし、実行した後でビルドを選択します。例を表示

決済UIでGShareバナーを表示するには、担当のアカウントマネージャーにお問い合わせいただくか、am@xsolla.comまでEメールでお問い合わせください。その際、最低報酬金額(パブリッシャーアカウントの仮想通貨モジュール設定で指定された仮想通貨の1単位と同一)もお知らせください。

Note: 異なるゲームに使用する複数の標準ビルドがある場合には、各ゲームの決済UIに対応するバナーを表示できます。ユーザーは御社のビルドのすべてをダウンロードおよびインストールし、GShareを実行するゲームを選択することができます。