ログイン / 独自のOAuth 2.0プロバイダによる認証
  ドキュメントに戻る

ログイン

独自のOAuth 2.0プロバイダによる認証

どのように動作するか

OAuth 2.0プロトコルを使用すると、ソーシャルネットワークを介してユーザー権限を追加できます認証ウィジェットでソーシャルネットワークのボタンを有効にするには、アドミンページでプロバイダの詳細を指定します。

入手方法

OAuth 2.0経由で認証を有効にするには:

  1. アドミンページでプロジェクトを開き、「ログイン」セクションに移動します。
  2. クラシックログインオプションのパネルで「構成する」をクリックします。
  3. 認証」ブロックに移動し、「OAuth 2.0ログイン接続」を選択します。

  1. 次のフィールドに入力します:
    • 認証名 — 統合の名称。アドミンページのIDに使用されます。最大100文字の長さで、数字、アルファベット、ハイフン、およびスペースなしのアンダースコアを含めることができます。
    • 認証URL — ユーザー認証に使用するメソッドのURL。
    • トークンURL — アクセストークンを取得するために使用するメソッドのURL。
    • クライアントID — ライセンスサーバー上のクライアントの一意の識別子。数字、ラテン文字、ハイフン、およびスペースなしのアンダースコアを255文字まで使用できます。
    • クライアント秘密鍵 — 認定システムによって生成された一意のID。数字、アルファベット、ハイフン、および8~255のアンダースコア(スペースなし)を使用できます。
    • 権限の範囲
  2. 鍵名のマップ」をセットアップするには:
    • システム内のメールアドレスの鍵名を入力してください(任意)。
    • システム内のユーザー識別子のキー名を指定してください。
お知らせ
キー名は$.で始まる必要があります。たとえば、$.response[0].email$.response[0].id
  1. 使用して、認証ウィジェットを介した統合を設定する場合、「カスタマイズ」をセットアップには:
    • 認証ボタン名」を指定します。最大文字数 — 30 文字。
    • ロゴをアップロードします。推奨サイズ:24px × 24px。サポートされる形式:JPG、PNG、およびSVG。
    • 認証ボタンの色を設定します。
    • 変更内容を保存」をクリックします。
  2. Login APIメソッド経由で統合を使用している場合、provider_nameのプロバイダーIDの送信を以下のフォーマットで設定してください:“<authorization_name>-<publisher_id>”。その中で、<authorization_name> — プロバイダー設定で指定した統合名であり、<publisher_id> — アドミンページでのプロジェクトIDです:
この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!
最終更新日: 2023年11月28日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!