ログイン / Okta経由でのエクソラパブリッシャーアカウントでの認証
 ドキュメントに戻る

ログイン

  • 統合ガイド

  • 認証オプション

  • ユーザーデータストレージ

  • セキュリティ

  • カスタマイゼーション

  • 通信サービスプロバイダー

  • 特徴

  • ハウツー

  • 拡張機能

  • 法的設定

  • リファレンス

  • Okta経由でのエクソラパブリッシャーアカウントでの認証

    どのように動作するか

    Oktaアカウントをお持ちのユーザーは、エクソラパブリッシャーアカウントにログインすることができます。

    最初の認証時のインタラクションフロー:

    1. ユーザーがOktaアカウントを認証します。
    2. ユーザーは、メインページでエクソラパブリッシャーアカウントアプリケーションを選択します。
    3. メールアドレス入力ページにリダイレクトします。
    4. ユーザーは、Oktaアカウントにリンクされたメールアドレスを入力します。
    5. エクソラログインサーバーは、ユーザーにアカウント確認メールを送信します。
    6. ユーザーは確認メールのリンクをたどると、エクソラパブリッシャーアカウントにリダイレクトされます。

    その後の認証については、アカウントの確認は不要です。

    お知らせ
    Okta経由で認証をセットアップする前に、ユーザーがエクソラパブリッシャーアカウントへのアクセス権を持っていることを確認してください。ユーザーがアクセス権をお持ちない場合:
    1. 会社設定 > ユーザーセクションに移動して、新規ユーザーを招待するをクリックします。
    2. ユーザーのメールアドレスを入力し、そのユーザーの役割を選択します。
    3. 招待状を送信するをクリックします。

    使用に適した方

    Oktaアカウントをお持ちのパートナー

    入手方法

    1. Oktaアカウントにログインします。管理者権限を持つユーザーである必要があります。
    2. Applicationsラブに移動します。
    3. 更新されたページで、Add Applicationをクリックします。
    4. 更新されたページで、Create New Appをクリックします。
    5. 開いたウィンドウで、プラットフォームWebと認証タイプOpenID Connectを選択して、Createクリックします。

    1. 更新されたページで:
      1. アプリの名前を指定します。例えば:Xsolla Publisher Account
      2. アプリケーションロゴをアップロードします(選択可能)。ダイレクトリンクを使用します。
      3. Login redirect URIsフィールド、https://login.xsolla.com/api/social/oauth2/callbackを指定します。
      4. Saveをクリックします。

    1. General > General Settingsセクションで編集モードにスイッチします:
      1. Application > Allowed grant typesブロックで、以下のチェックボックスを選択します:
        • Authorization Code
        • Implicit (Hybrid) > Allow ID Token with implicit grant type

      1. Loginブロックで:
        • Login initiated byの場合、Either Okta or Appフィールドを選択します。
        • Application visibilityの場合、Display application icon to usersチェックボックスを選択します(選択可能)。
        • Login flowの場合、Redirect to app to initiate login (OIDC Compliant)を選択します。
        • Initiate login URIフィールドで、https://login.xsolla.com/api/social/okta/login_redirect?projectId=40db2ea4-5d42-11e6-a3ff-005056a0e04a&login_url=https://api.xsolla.com/merchant/xsolla_login/session&fields=emailを指定します。
      2. Saveをクリックします。

    1. Assignmentsタブに移動します。作成したアプリケーションに、権限を付与するユーザーまたはユーザーグループを追加します。

    1. 作成したアプリケーションのClient IDClient secret、およびOktaドメインをアカウントマネージャーに送信します。
    2. セットアップの完了について、アカウントマネージャーからの回答を待ちます。

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    このページを評価する
    このページを評価する
    改善できることはありますか?

    答えたくない

    ご意見ありがとうございました!
    最終更新日: 2022年8月8日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!