ログイン / メールアドレスや電話番号の収集
 ドキュメントに戻る

ログイン

  • 統合ガイド

  • ユーザーデータストレージ

  • カスタマイゼーション

  • 通信サービスプロバイダー

  • 特徴

  • ハウツー

  • 拡張機能

  • リファレンス

  • メールアドレスや電話番号の収集

    どのように動作するか

    ログイン製品は、ログインプロジェクトに提供されたユーザーがアプリケーションに登録またはログインする際に、自動的に連絡先情報を保存します。この情報はエクソラのデータベースに保存され、ユーザーの電子メールアドレスや電話番号も含まれます。場合によっては、例えば、すべての連絡先が渡されるわけではありません:

    • パスワードレスログインオプションでは、ワンタイムコードを受け取るためにユーザーが指定した連絡先情報のみが、ログインプロジェクトに渡されます。
    • ソーシャルネットワークを通じて認証する場合、そのプロバイダーはユーザーのメールアドレスに関する情報を渡さない場合があります。

    さらに、ログイン製品を使用して欠落している連絡先の詳細を要求し、それらを使用して次のことを行うことができます:

    • ユーザーのメールをMailchimpアカウントにエクスポートし、ニュースレターリストに追加します。
    • メールアドレスまたは電話番号に基づいて、ユーザーの一意の識別子を作成します。

    Note
    エクソラランチャーを統合済みの場合には、追加の設定なしでEメールが自動収集されます。

    使用に適した方

    すでにログインを統合しているパートナーはもちろん、ソーシャルネットワーク経由でアプリケーションにログインするオプションやパスワードレス認証を使用するオプションも設定されています。

    入手方法

    ログインプロジェクトで選択した統合オプションに応じて、メールアドレスと電話番号の収集方法を設定することができます:

    Login widget v2.0経由でメールアドレスや電話番号の収集

    ログインウィジェットv2.0では、メールアドレスや電話番号が提供されていない場合、ユーザーに入力を促すことができます:

    • ソーシャルネットワークから登録した場合;
    • ワンタイムコードで入力する場合(パスワードレス認証の場合)。

    発行者アカウントで電子メールアドレスや電話番号のリクエストを有効にすると、ログインプロジェクトが自動的に以下のことを実行されます:

    1. 電子メールアドレスや電話番号を入力するためのフォームを表示する;
    2. フォームに入力した後、入力した情報を確認するためのコードやリンクをユーザーに送信する;
    3. 確認コードをチェックし、受信した情報をデータベースに保存する。

    ユーザーがフォームに記入することを義務付けることができます。

    ユーザーの電子メールアドレスと電話番号の収集を有効にするには:

    1. パブリッシャーアカウントでプロジェクトを開き、ログインセクションに移動します。
    2. ログインプロジェクトのパネルで構成をクリックします。
    3. ナビゲーションページで、認証ブロックに移動し、雑多なデータフォームセクションを選択します。

    1. ログインプロジェクトで、ユーザーがメールアドレスを指定できるフォームを表示させたい場合:
      1. ユーザーのメールアドレスを収集するトグルをオンに設定します。
      2. メールアドレスの確認方法を選択します:コードによるまたはコードとリンクによる
    2. ユーザーにメールアドレスの入力を要求するには、ユーザーにメールフォームへの入力を要求するオンに切り替えます。
    3. ログインプロジェクトで、ユーザーが自分の電話番号を指定できるフォームを表示する場合は、ユーザーの電話番号を収集するトグルをオンに設定します。

    Note
    電話番号の確認は、必ずSMSで送信されるコードで行われます。

    1. ユーザーに電話番号の入力を求めるには、ユーザーに電話番号の入力を要求するトグルをオンに設定します。
    2. メールアドレス収集フォームと電話番号収集フォームの両方を有効にした場合、ページ下部のドロップダウンリストで、ユーザーに表示する順番を選択します。

    Login APIコール経由でメールアドレスの収集

    Login APIを使用すると、ソーシャルネットワーク経由で登録した際にメールアドレスが提供されなかった場合、ユーザーにメールアドレスの入力を促すことができます。

    ログインプロジェクトをLogin APIコールで統合した場合:

    リクエストの例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    http
    • http
    • curl
    GET https://login.xsolla.com/api/social/{providerName}/login_redirect?projectId={projectId}&fields=email&login_url={login_url} HTTP/1.1
    curl --request GET \
      --url 'https://login.xsolla.com/api/social/providerName/login_redirect?projectId=projectId&fields=email&login_url=login_url'

    • OAuth 2.0プロトコルでのAuth via social networkコールを使用する時、scope=emailパラメータを追加します。

    リクエストの例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    http
    • http
    • curl
    GET https://login.xsolla.com/api/oauth2/social/{providerName}/login_redirect?scope=email&client_id={client_id}&redirect_uri={redirect_uri}&state={state}&response_type=code HTTP/1.1
    curl --request GET \
      --url 'https://login.xsolla.com/api/oauth2/social/provider_name/login_redirect?scope=email&client_id=client_id&redirect_uri=redirect_uri&state=state&response_type=code'

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    このページを評価する
    このページを評価する
    改善できることはありますか?

    答えたくない

    ご意見ありがとうございました!
    最終更新日: 2022年5月30日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!