サイレント認証

どのように動作するか

サイレント認証により、公開プラットフォームを介してログインでユーザーを自動的に認証できます(Xbox、Steam、StoneおよびMail.ru)。

相互作用のフロー:

  1. ユーザーがゲームを起動します。
  2. ゲームは、SDKを介してプラットフォーム認証データを受け取ります。
  3. ゲームがリクエストを形成し、それをエクソラログインサーバーに送信してJWTを取得します。
  4. エクソラログインサーバーはユーザーを認証し、JWTを送信します。

Note
エクソラランチャーを統合した場合は、レシピを使用して、プラットフォーム経由でユーザーを認証します。

ソーシャル認証時だけでなく、サイレント認証時にもユーザーのメールを収集することができます。ソーシャル認証時のメール収集説明を使って設定してください。

使用に適した方

ログインを統合済みで、公開プラットフォームアカウントを持っているパートナー。

入手方法

ログインでサイレント認証をセットアップするには:

  1. パブリッシャーアカウントでサイレント認証をセットアップします。
  2. ゲームが公開されているプラットフォームを選択し、指示に従ってください。

サイレント認証のセットアップ

  1. パブリッシャーアカウント>ログインプロジェクト>ソーシャルコネクション>公開プラットフォームによる認証へ移動します。
  2. パブリッシングプラットフォームを選択し、接続/編集をクリックします。
  3. モーダルウィンドウでは、それぞれのプラットフォームのパラメータを設定します:
    • Steam:
      1. Application ID—アプリID(AppID)
      2. Application Secret—Web API キー
    • Stone:
      1. Application ID—アプリID(Stoneport ID)
      2. Application Secret—シークレットキー(Stoneport Keys)
    • Mail.ru:
      1. Application ID—アプリID(GMRID)
      2. Application Secret—シークレットキー(System characteristicsタブ>Secret for api.games.mail/gc.mail.ruMail.ru開発者プロフィールで見つかります)
  4. 接続するをクリックします。

Note
Xboxのパラメータ値を入力する必要はありません。

Xbox

  1. ユーザー認証後のプラットフォームデータに基づいてセッションチケット(session_ticketパラメータ)を形成します。パラメータは、以下にある<xid>-<uhs>;<XSTSToken>テンプレートに基づいて形成されます:
    • <xid> — Xbox User ID
    • <uhs> — user hash
    • <XSTSToken> — Xbox Secure Token Service
  2. session_ticketパラメータをサイレント認証リクエスト(JWTまたはOAuth 2.0)にを渡します。

Steam

ユーザー認証後のプラットフォームデータに基づいてセッションチケット(session_ticketパラメータ)を形成します:

  1. セッションチケットを取得します。
  2. それをsession_ticketパラメータとしてサイレント認証リクエスト(JWTまたはOAuth 2.0)に渡します。

Stone

session_ticketarea_idパラメータは、ユーザ認証後にプラットフォームから受信します。これらのパラメータをSilent authenticationリクエストに渡します:

Copy
Full screen
Small screen
http
  • http
  • curl
GET https://login.xsolla.com/api/social/stone/cross_auth?projectId=<project_id>&session_ticket=<session_ticket>&area_id=<area_id>&app_id=<app_id>&login_url=<login_url> HTTP/1.1
curl --request GET \
  --url 'https://login.xsolla.com/api/social/stone/cross_auth?projectId=project_id&session_ticket=session_ticket&area_id=area_id&app_id=app_id&login_url=login_url'

Mail.ru

uidhashパラメータ(ユーザーIDとセッションチケットの類推)は、ユーザ認証後にプラットフォームから受信します。これらのパラメータをSilent authenticationリクエストに渡します:

Copy
Full screen
Small screen
http
  • http
  • curl
GET https://login.xsolla.com/api/social/mailru/cross_auth?projectId=<project_id>&uid=<user_id>&hash=<ticket>&fields=email&login_url=<login_url> HTTP/1.1
curl --request GET \
  --url 'https://login.xsolla.com/api/social/mailru/cross_auth?projectId=project_id&uid=user_id&hash=ticket&fields=email&login_url=login_url'

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!
最終更新日: 2021年4月12日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!