ログイン / ユーザーアカウントを統合する方法
 ドキュメントに戻る

ログイン

  • 統合ガイド

  • ユーザーデータストレージ

  • カスタマイゼーション

  • 通信サービスプロバイダー

  • 特徴

  • ハウツー

  • 拡張機能

  • リファレンス

  • ユーザーアカウントを統合する方法

    どのように動作するか

    御社のユーザーはアカウント経由で以下のデータを管理できます:

    • プロフィール写真
    • 電話番号
    • eメール
    • ニックネーム
    • 氏名
    • 生年月日
    • 性別
    • 友だちリスト(API経由でのみ利用可)。

    以下の方法のいずれかを使ってユーザーアカウントを統合できます:

    • URLからインターフェースを介して。ユーザーアカウントのユーザーインターフェースは20言語に翻訳されており、画面解像度に自動で適合します。
    • インターフェースを使わずにAPIを介して。この方法ではユーザーデータを管理する御社独自のインターフェースを実装できます。

    使用に適した方

    ログインをすでに統合しているパートナー。

    入手方法

    ユーザーアカウントを統合したい方法を選択して以下の手順に従ってください。

    URLを介した統合

    1. ユーザーアカウントを開くためのURLを生成する。
    2. 生成されたURLでユーザーアカウントの展開を設定します。
    3. イベントの処理を設定します(オプション)。

    URLを生成する

    ユーザーアカウントはhttps://useraccount.xsolla.com/profileでこの表で説明されているパラメータを伴って開きます。

    パラメータ種類説明文
    locale
    stringクエリパラメータ。ユーザーアカウントインターフェース言語。ISO 639-1スタンダードに従って値を受領します。
    token
    stringハッシュパラメータ。ユーザーJWT。認証成功後、URLでパスされます。 必須。

    URLの例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    https://useraccount.xsolla.com/profile?locale=de#token=XXXX

    URLでのユーザーアカウント展開をセットアップする

    以下の方法で、特定のURLでユーザーアカウントを開くよう設定できます:

    • 御社のウェブサイトのiframe
    • 新しいタブ

    IFRAME

    ユーザーアカウントを開きたいウェブページに以下のスクリプトを追加します:<iframe src="https://useraccount.xsolla.com/profile?locale=ru#token=XXXX">ここではsrc生成されたURLです。

    新しいタブ

    ユーザーアカウントにつながるUIオブジェクトにURLを追加します。

    以下のスクリプトを使用できます:<a href="https://useraccount.xsolla.com/profile?locale=ru#token=XXXX">Your account</a>ここでは、src生成されたURLです。

    イベント処理をセットアップする(選択自由)

    ユーザーアカウントがiframeで開く場合、アカウントのユーザーアクションに従って親ウィンドウはpostMessageイベントを取得します。

    イベント名説明
    user-account-closeユーザーは退出ボタンをクリックしてユーザーアカウントを閉じます。
    user-account-loadedユーザーアカウントは読み込まれますがユーザーデータは取得できません。
    user-account-page-fetchedユーザーアカウントとユーザーデータが正常に読み込まれました。

    これらのイベントを処理するにはaddEventListenerメソッドを追加して、ウェブサイトにスクリプトを追加します。

    イベント処理の例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    window.addEventListener('message', (event) => {
      if (event.data.command === 'user-account-loaded') {
        // your script
      }
    })
    

    APIコールを介した統合

    APIを介してユーザーデータを管理するには、御社独自のインターフェースを実装してAPIリクエストの呼び出しを許可します。利用できるAPIコールの詳細な説明とコードの例は当社のドキュメンテーションをご覧ください。

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    このページを評価する
    このページを評価する
    改善できることはありますか?

    答えたくない

    ご意見ありがとうございました!
    最終更新日: 2021年12月1日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!