ログイン / ユーザーデータストレージを接続する
 ドキュメントに戻る

ログイン

  • 統合ガイド

  • 認証オプション

  • ユーザーデータストレージ

  • セキュリティ

  • カスタマイゼーション

  • 通信サービスプロバイダー

  • 特徴

  • ハウツー

  • 拡張機能

  • 法的設定

  • リファレンス

  • ユーザーデータストレージを接続する

    ユーザーデータの保存方法によって、利用できる製品の機能が異なります(ユーザーデータの保存方法の比較を参照してください)。

    エクソラストレージ

    ログイン製品にすべての認証ロジックを処理させたい場合は、エクソラストレージに接続します。より柔軟な設定が可能になります。

    ログインプロジェクトを作成すると、エクソラストレージがデフォルトで接続され、追加の設定手順は必要ありません。デフォルトのストレージタイプを変更し、エクソラストレージに再接続する必要がある場合は、次の手順に従います:

    1. ナビゲーションページで、ユーザーデータベースブロックに移動してストレージセクションを選択します。
    2. エクソラストレージを選択して変更内容を保存するをクリックします。

    お知らせ
    エクソラストレージは、JWT標準ベースの認証と、OAuth 2.0プロトコルベースの認証をサポートしています。ユーザー情報はすべてエクソラ側に保存されます。

    PlayFabストレージ

    PlayFabの機能を使ってユーザーと連携したい場合は、PlayFabのストレージを接続します。ストレージには以下のユーザーデータが保存されます:

    • ユーザー名
    • ユーザーのメールアドレス
    • ユーザーパスワード
    • フォームが設定されている場合は、拡張登録フォームのフィールド

    お知らせ
    PlayFabストレージは、JWT標準ベースの認証と、OAuth 2.0プロトコルベースの認証をサポートしています。

    PlayFabストレージでは、以下の機能を利用できます:

    • ユーザー登録
    • メールアドレスまたはユーザー名とパスワードによる認証
    • Twitchによる認証
    • ユーザーパスワードのリセット
    • ユーザーブロッキング

    ストレージを接続するには:

    1. ナビゲーションページで、ユーザーデータベースブロックに移動してストレージセクションを選択します。
    2. PlayFabを選択します。
    3. タイトルIDフィルドには、Firebaseアカウントから同じフィールドの値を入力してください。
    4. 変更内容を保存するをクリックします。

    お知らせ
    ユーザー情報はすべてエクソラ側で保管されます。ユーザーパスワードは、PlayFabのみで検証されます。

    Firebaseストレージ

    Firebaseの機能を使用してユーザーと連携する場合は、Firebaseストレージを接続します。このストレージには、以下のユーザーデータが保存されます:

    • ユーザー名
    • ユーザーメールアドレス
    • ユーザーパスワード
    • フォームが設定されている場合は拡張登録フォームからのフィールド

    お知らせ
    Firebaseストレージは、JWT標準ベースの認証と、OAuth 2.0プロトコルベースの認証をサポートしています。

    ストレージを接続するには:

    1. ナビゲーションページで、ユーザーデータベースブロックに移動してストレージセクションを選択します。
    2. Firebaseを選択します。
    3. APIキーフィルドには、Firebaseアカウントから同じフィールドの値を入力してください。
    4. 変更内容を保存するをクリックします。

    お知らせ
    すべてのユーザー情報はJSON形式で保存され、接続されたすべてのクライアントでリアルタイムに更新されます。

    カスタムストレージ

    独自の認可システムを使用し、アプリケーション側でユーザーデータを保存する場合は、カスタムストレージに接続します。

    カスタムストレージを使用する場合、次の機能にアクセスできます:

    • ユーザー登録
    • メールアドレスまたはユーザー名とパスワードによる認証
    • 電話番号によるパスワードレス認証
    • ソーシャルネットワークによる認証
    • ユーザーパスワードのリセット

    お知らせ
    カスタムストレージは、JWT標準ベースの認証をサポートしています。

    エクソラログインサーバーと御社のアプリケーション(クライアント)との接続を設定するには:

    1. カスタムストレージを接続します
    2. エクソラログインサーバーからのリクエストの処理を設定します

    お知らせ
    ユーザー情報はすべてエクソラ側で保管されます。ユーザーパスワードは、カスタムストレージのみで検証されます。

    カスタムストレージを接続する

    1. ナビゲーションページで、ユーザーデータベースブロックに移動してストレージセクションを選択します。
    2. カスタムストレージを選択します。
    3. APIリクエストの送信先のURLを入力します:
    4. 変更内容を保存するをクリックします。
    5. 設定したURLに対して、以下のように応答するAPIを実装します:
      • リクエストに成功した場合のHTTP 200 / HTTP 204。必要であれば、追加のユーザーデータを含むJSONを応答本文に配置することができます。渡されたデータはJWTに書き込まれます(partner_dataパラメータ)。
      • その他、リクエストに失敗した場合のHTTPステータスコード。

    お知らせ
    • データベースのユーザーIDを含んだJWTが必要な場合は、アカウントマネージャーにお問い合わせください。
    • 電話番号を使用したパスワードレス認証が正しく動作するためには、APIの応答にクライアントのユーザーIDと一致すaccount_idパラメータが含まれている必要があります。

    エクソラログインサーバーからのリクエストの処理をセットアップする

    Authorization: Bearer <JWT>ヘッダーがあるエクソラログインサーバーのリクエストはご希望のURLに送信されます。JWTはプロジェクトの秘密鍵で署名されています。

    リクエストを処理するには:

    1. 受信したJWTを検証します
    2. 検証が成功した場合は、JWTをデコードし、以下の表のクレームが含まれていることを確認します。デコーディングのためのライブラリーを探して利用します。

    クレーム種類説明
    expUnix TimestampJWTの有効期限の日時。JWTの存続時間は7分です。
    iatUnix TimestampJWTが発行された日時。
    issstringJWTに署名したサービスhttps://login.xsolla.com
    request_typestring定数:gateway_request
    xsolla_login_project_idstring(UUID)パブリッシャーアカウントの御社のログインプロジェクトID。

    トークンペイロードの例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    {
      "exp": 1573635020,
      "iat": 1573634600,
      "iss": "https://login.xsolla.com",
      "request_type": "gateway_request",
      "xsolla_login_project_id": "00000000-0000-0000-0000-000000000000"
    }

    進捗状況
    ご意見ありがとうございました!

    続きを読む

    最終更新日: 2022年3月22日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!