ログイン / ユーザーデータ収集の管理
 ドキュメントに戻る

ログイン

  • 統合ガイド

  • 認証オプション

  • ユーザーデータストレージ

  • セキュリティ

  • カスタマイゼーション

  • 通信サービスプロバイダー

  • 特徴

  • ハウツー

  • 拡張機能

  • 法的設定

  • リファレンス

  • ユーザーデータ収集の管理

    どのように動作するか

    ユーザー登録時に、次の基本データが要求されます:

    • Login APIを使用する場合:
      • ユーザー名
      • メールアドレス
      • パスワード
    • ログインウィジェットを使用する場合:
      • メールアドレス
      • パスワード

    ユーザーから追加の個人データを要求することができます。これを行うには、パブリッシャーアカウントで、登録フォームに含める追加フィールドを指定します。ユーザー登録は、必須項目としてマークしたすべてのフィールドに入力した後にのみ可能です。ユーザーから提供されたデータは、データベース内のユーザーのプロファイルに保存されます。

    既に登録されているユーザーの認証時に、そのユーザーのプロファイルのいくつかのフィールドが入力されていないことが判明した場合、ログイン製品は、不足している情報を収集するためのフォームを表示します。ログインするには、このフォームのすべての必須フィールドに入力する必要があります。

    入手方法

    1. パブリッシャーアカウントでログインプロジェクトをセットアップします
    2. ユーザー登録フォームにカスタムフィールドを追加するリクエストをアカウントマネージャに送信します(任意)。
    3. アプリケーション側でソリューションを統合します

    パブリッシャーアカウントでのセットアップ

    1. パブリッシャーアカウントでプロジェクトを開き、ログインセクションに移動します。
    2. ログインプロジェクトのパネルにある構成するをクリックします。
    3. ナビゲーションページで、ユーザーデータベースブロックに移動し、補足ユーザー情報セクションを選択します。

    1. 収集するユーザー情報を選択します。以下のフィールドが利用できます:
      • ユーザー名
      • 名前
      • 苗字
      • 生年月日
      • 性別
    2. 項目を必須項目にするには、項目の説明行にある★アイコンをクリックします。アイコンが青くなります。

    1. 変更を保存するをクリックします。

    登録フォームにカスタムフィールドを追加するリクエスト

    登録フォームには、パブリッシャーアカウントで利用可能なフィールドに加え、独自のフィールドを追加することができます。これを行うには、アカウントマネージャーに連絡し(またはam@xsolla.comまでお問い合わせ)、フィールドのリストと各フィールドについて以下の情報を提供してください:

    • 英語のフィールド名;
    • タイプ:
      • string
      • date
      • select — リストから1つのオプションを選択します;
      • multi-select — リストから複数のオプションを選択します;
    • フィールドが必須であるかどうか。

    selectおよびmulti-selectフィールドについては、これらのフィールドに取り得る値のセットもアカウントマネージャーに提供してください。

    お知らせ
    エクソラストレージは、ユーザー登録フォームでのカスタムフィールドの使用をサポートしていません。

    アプリケーション側の統合

    ログインウィジェットによる統合を利用した場合、アプリケーション側で拡張登録フォームを統合するための操作は必要ありません。

    エクソラSDKを通じて統合する場合、ユーザーに関する追加情報の収集はまだ利用できません。

    Login API経由で統合する場合は、fieldsパラメータを使用して、収集した追加ユーザーデータを新規ユーザーを登録するリクエストで渡します。このパラメータは、プロパティと値のペアのセットです。パブリッシャーアカウントで接続可能な登録フォームのフィールドは、fieldsパラメータの以下のプロパティに対応します:

    フィールド名

    種類fieldsパラメータプロパティ
    ユーザー名stringusername
    苗字stringgiven-name
    苗字stringfamily-name
    生年月日date (YYYY-MM-DD)bday
    select (ISO 3166-1 alpha-2)country-name
    性別列挙型(fおよびm値を使用)gender
    注意
    新規ユーザーを登録するリクエストは、すべての必須フィールドの値を渡す必要があります。

    リクエストの例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    http
    • http
    • curl
    POST https://login.xsolla.com/api/user?login_url=https://example.com&projectId={projectId} HTTP/1.1
    Content-Type: application/json
    
    {
      "username": "john-email@email.com",
      "password": "123456",
      "email": "john-email@email.com",
      "fields": {
         "nickname": "John",
         "country-name": "US",
         "bday": "1997-07-16"
      }
    }
    curl --request POST \
      --url 'https://login.xsolla.com/api/user?login_url=https%3A%2F%2Fexample.com&projectId=projectId' \
      --header 'content-type: application/json' \
      --data '{"username":"john-email@email.com","password":"123456","email":"john-email@email.com","fields":{"nickname":"John","country-name":"US","bday":"1997-07-16"}}'

    登録フォームに項目を追加するオプションや、収集した情報を保存する場所は、選択したユーザーデータの保存形式によって異なります:

    エクソラストレージ

    エクソラストレージを使用する場合、登録フォームにはパブリッシャーアカウントで利用可能なフィールドのみを追加することができます。ユーザーから収集された追加情報はエクソラ側で保存されます。

    PlayFabストレージ

    PlayFabストレージを使用する場合、パブリッシャーアカウントで利用可能なフィールド独自のフィールドの両方を登録フォームに追加することができます。

    追加フィールドの情報とその値は、ユーザーデータとしてPlayFabストレージに保存されます。このユーザーデータには、PlayFab APIまたはPlayFabアカウントでアクセスできます:

    1. プレヤーセクションに移動し、ユーザーIDをクリックします。

    1. Player Data (Title)タブを選択します。

    Firebaseストレージ

    Firebaseストレージを使用する場合、パブリッシャーアカウントで利用可能なフィールド独自のフィールドの両方を登録フォームに追加することができます。ユーザーから収集した追加情報はエクソラ側で保存されます。

    カスタムストレージ

    カスタムストレージを使用する場合、パブリッシャーアカウントで利用可能なフィールド独自のフィールドの両方を登録フォームに追加することができます。

    追加フィールドの情報とその値は、カスタムストレージ接続時にパブリッシャーアカウントの新規ユーザーURLフィールドで指定されたURLに、エクソラログインサーバーから登録リクエストで送信されます。

    例:

    ユーザー登録フォームに以下の項目が追加されます:

    • 国;
    • stringタイプのカスタムnicknameフィールド;
    • 可能な値を持つmulti-selectタイプのカスタムplatformフィールド:windowsmac oslinux

    ユーザー登録の際、エクソラログインサーバーは新規ユーザーURLに以下のリクエストを送信します:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    http
    • http
    • curl
    POST https://your.hostname/new_user_url.path HTTP/1.1
    Content-Type: application/json
    Authorization: Bearer {JWT}
    
    {
      "email": "john@gmail.com",
      "password": "123456",
      "country-name": "DE",
      "nickname": "JohnSnow",
      "platform": ["windows", "mac os"]
    }
    curl --request POST \
      --url 'https://your.hostname/new_user_url.path' \
      --header 'authorization: bearer_JWT' \
      --header 'content-type: application/json' \
      --data '{"email":"john@gmail.com","password":"123456","country-name":"DE","nickname":"JohnSnow","platform":["windows","mac os"]}'

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    このページを評価する
    このページを評価する
    改善できることはありますか?

    答えたくない

    ご意見ありがとうございました!
    最終更新日: 2022年8月31日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!