リダイレクトの構成方法

ユーザーが決済を完了した後に別のページにリダイレクトするには、2種類のリダイレクトを構成することができます:

  • 自動 — 設定された遅延時間でのリダイレクト。
  • 手動 — ユーザーが決済UIを閉じるか、リダイレクトボタンをクリックした後のリダイレクト。
  • Note
    決済状況に応じて異なるタイプのリダイレクトを構成できます。

    自動リダイレクトを構成する

    以下の場所で自動リダイレクトを構成することができます:

  • パブリッシャーアカウントで
  • API経由で
  • Notice
    API経由で渡されるリダイレクト構成は、パブリッシャーアカウントで設定されたものよりも優先されます。

    パブリッシャーアカウントでの自動リダイレクトを構成する

    1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開き、ペイステーション>設定>リダイレクトポリシーに移動します。

    1. リターンURLフィルドで、決済後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパスを入力します。
    2. ドロップダウンリストで、リダイレクト条件を選択します:
      • なし — リダイレクトしません。
      • 成功 — 決済が成功したときにリダイレクトします。
      • 成功またはキャンセルされた — 決済が成功またはキャンセルされたときにリダイレクトします。
      • 任意 — 任意決済状況でリダイレクトします。
    3. 遅延フィルドで、リダイレクトタイムアウトを秒単位で入力します。
    4. 保存するをクリックします。

    Notice
    デフォルトでは、0秒でリダイレクトが有効になります。

    API経由で自動リダイレクトを構成する

    リダイレクトの構成は、トークンを作成するエンドポイントでのreturn_urlパラメータとredirect_policyパラメータグループで指定します。

    1. return_urlパラメータで、決済後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパスを渡します。
    2. autoredirect_from_status_pageパラメータを trueに設定します。
    3. delayパラメータで、リダイレクトのタイムアウトを秒単位で渡します。
    4. redirect_conditions パラメータで、以下のリダイレクトが有効になったときに条件を渡します:
      • none — リダイレクトしません。
      • successful — 決済が成功したときにリダイレクトします。
      • successful_or_canceled — 決済が成功またはキャンセルされたときにリダイレクトします。
      • any — 任意決済状況でリダイレクトします。

    手動リダイレクトを構成する

    以下の場所で手動リダイレクトを構成することができます:

    Notice
    API経由で渡されるリダイレクト構成は、パブリッシャーアカウントで設定されたものよりも優先されます。

    パブリッシャーアカウントでの手動リダイレクトを構成する

    1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開き、ペイステーション>設定>リダイレクトポリシーに移動します。

    1. リターンURLフィルドで、決済後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパスを入力します。
    2. ドロップダウンリストで、リダイレクト条件を選択します:
      • なし — リダイレクトしません。
      • 成功 — 決済が成功したときにリダイレクトします。
      • 成功またはキャンセルされた — 決済が成功またはキャンセルされたときにリダイレクトします。
      • 任意 — 任意決済状況でリダイレクトします。
    3. 遅延フィルドは空のままにします。
    4. 手動リダイレクトのステータスドロップダウンリストで、リダイレクトボタンが表示されるときの決済ステータスを選択します。
    5. リダイレクトボタンキャプションフィールドに、ユーザーをリターンURLにリダイレクトするボタンのコピーを入力します。
    6. 保存するをクリックします。

    Notice

    デフォルトでは、リダイレクトボタンのコピーはゲームに戻るとなっています。これは、すべての決済ステーション言語にローカライズされています。

    プロジェクトが複数の言語をサポートしている場合は、それぞれのフィールドにリダイレクトボタンのコピーを入力できます。

    ユーザーが決済UIを閉じると、指定したリターンURLにもリダイレクトされます。

    API経由で手動リダイレクトを構成する

    リダイレクトの構成は、トークンを作成するエンドポイントでのreturn_urlパラメータとredirect_policyパラメータグループで指定します。

    1. return_urlパラメータで、決済後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパスを渡します。
    2. redirect_conditionsパラメータで、以下のリダイレクトが有効になったときに条件を渡します:
      • none — リダイレクトしません。
      • successful — 決済が成功したときにリダイレクトします。
      • successful_or_canceled — 決済が成功またはキャンセルされたときにリダイレクトします。
      • any — 任意決済状況でリダイレクトします。
    3. manual_redirection_actionパラメータで、ユーザーが「閉じる」ボタンや「戻る」ボタンをクリックしたときに発生する決済UIの動作を渡します:
      • redirect (デフォルト) - ユーザーはリターンURLにリダイレクトされます。
      • postmessage — 閉じるアイコンをクリックすると、close-widgetイベントが発生し、戻るボタンをクリックすると、returnイベントが発生します。この場合、ユーザーは戻り先のURLにリダイレクトされません。決済UIの終了やリダイレクトに関するイベントの処理を構成する必要があります。
    4. redirect_button_captionパラメータで、ユーザーを戻りURLにリダイレクトするボタンのコピーを渡します。
    5. status_for_manual_redirectionパラメータで、リダイレクトボタンが表示されたら、以下の決済ステータスを渡します:
      • none — リダイレクトしません。
      • successful — 決済が成功したときにリダイレクトします。
      • successful_or_canceled — 決済が成功またはキャンセルされたときにリダイレクトします。
      • any — 任意決済状況でリダイレクトします。

    Notice
    決済UIがiframeで開かれており、ui.desktop.header.close_buttonパラメータがtrueに設定されている場合、ユーザーが閉じるアイコンをクリックするとpostmessageイベントのみが送信されます。これにより、イベントを処理して決済UIを閉じることができ、ユーザーは決済が開始されたページにとどまることができます。

    リダイレクト構成の例

    例1

    パブリッシャーアカウント同じプロジェクトを使用して異なるプラットフォームでの支払いを処理する場合、ブラウザーで処理される支払いにはデフォルトのリダイレクトを、モバイルデバイス用にはカスタマイズされたリダイレクトを構成できます。

    デフォルトのリダイレクトを構成するには、return_urlパラメータに、支払いを行った後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパスを渡します。カスタマイズした3秒遅れの自動リダイレクトは以下のようになります。

    Copy
    Full screen
    Small screen
      {
          "redirect_policy": {
          "redirect_conditions": "successful",
          "autoredirect_from_status_page": true,
          "delay": 3
        }
      }

      例2

      ウェブサイトで商品を販売し、ゲームランチャーも使用している場合、パブリッシャーアカウントでウェブサイトのリダイレクトを構成し、トークンでランチャーのリダイレクト構成をカスタマイズすることができます。

      Copy
      Full screen
      Small screen
        {
          "redirect_policy": {
            "redirect_conditions": "successful_or_canceled",
            "status_for_manual_redirection": "successful_or_canceled",
            "manual_redirection_action": "postmessage"
          }
        }

        この記事は役に立ちましたか?
        ありがとうございます!
        改善できることはありますか? メッセージ
        申し訳ありません
        この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
        ご意見ありがとうございました!
        あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
        このページを評価する
        このページを評価する
        改善できることはありますか?

        答えたくない

        ご意見ありがとうございました!
        最終更新日: 2021年8月24日

        誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

        問題を報告する
        当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
        フォローアップ用のメールをご提供してください
        ご意見ありがとうございました!