トークンを取得する

Note:
許可されたユーザーがあなたのウェブサイトで購入する場合は、トークンの取得を実装してください。許可されていないユーザーに販売する場合は、Buy Buttonを接続してください。

決済インターフェースと統合するには、トークンを取得する必要があります。アクセストークンは、ゲームやユーザー、購入パラメータを識別する文字列です。

エクソラAPIは基本アクセス認証を採用しています。マーチャントIDをユーザー名、APIキーをパスワードとして指定します。

トークンの取得はこのURLから:

Copy
Full screen
Small screen
https://api.xsolla.com/merchant/v2/merchants/{merchant_id}/token

決済インターフェースに引き渡すパラメータを含めることによって、HTTP POSTリクエストを変更することができます。リクエストとレスポンスは両方ともJSON形式です。

以下は、エクソラPHP SDKを使用してPHPでトークンを取得する方法のサンプルコードです。別のプログラミング言語を使用している場合は、CURLタブをクリックしてCURL例をご覧ください。
APIリファレンス
パラメータの全リストを参照してください。
Copy
Full screen
Small screen
php
  • php
  • curl
<?php

use Xsolla\SDK\API\XsollaClient;
use Xsolla\SDK\API\PaymentUI\TokenRequest;

$tokenRequest = new TokenRequest($projectId, $userId);
$tokenRequest->setUserEmail('email@example.com')
    ->setExternalPaymentId('12345')
    ->setSandboxMode(true)
    ->setUserName('USER_NAME')
    ->setPurchase(9.99, 'USD');

$xsollaClient = XsollaClient::factory(array(
    'merchant_id' => MERCHANT_ID,
    'api_key' => API_KEY
));
$token = $xsollaClient->createPaymentUITokenFromRequest($tokenRequest);
curl -v https://api.xsolla.com/merchant/v2/merchants/{merchant_id}/token \
-X POST \
-u your_merchant_id:merchant_api_key \
-H 'Content-Type:application/json' \
-H 'Accept: application/json' \
-d '
{
    "user": {
        "id": {
            "value": "1234567"
        },
        "email": {
            "value": "email@example.com"
        }
    },
    "settings": {
        "project_id": 14004,
        "mode": "sandbox"
    },
    "purchase": {
            "checkout": {
                "amount": 9.99,
                "currency": "USD"
            }
    }
}'

続きを読む