サイトでの特定コンテンツへのアクセスを制限する方法

どのように動作するか

サイトにサブスクリプションで提供されるユニークなコンテンツがある場合や、ゲームにユーザーの注目を集めたい場合、サイトのセキュリティを高めたい場合など、サイトのコンテンツを異なるグループのユーザーから隠すことができます。アクセス制限は、以下のいずれかの方法で設定します:

入手方法

前提条件

  1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開きます。
  2. サイドメニューでサイトビルダーをクリックします。
  3. サイトパネルでサイトビルダーを開くをクリックします。

  1. ヘッダーブロックで、ログインコンポーネントを追加し、ユーザーデータの保存に使用するログインプロジェクトをドロップダウンリストから選択します。

カスタムHTMLコードによるアクセスを制限する

既存のソリューションを使用することも、独自のコードを追加することもできます。

既存のソリューションを使用する

  1. ビルダーで、ブロックを追加するをクリックして、カスタムコードを選択します。

  1. 次のコードをブロックに挿入します:

Copy
Full screen
Small screen
<script>
  (function () {
    var blockArray = [
      {
        blockName: '.block--packs',
        blockNumber: 0
      },
      {
        blockName: '.block--description',
        blockNumber: 0
      }
    ];

    function checkAuth(authToken) {
      function handleBlock(hide) {
        setTimeout(function () {
          blockArray.map(function (block) {
            return document.querySelectorAll(block.blockName)[block.blockNumber];
          })
            .forEach(function (element) {
              if (element) {
                element.style.display = hide ? 'none' : 'block';
              }
            });
        }, 0);
      }

      var token = /xsolla_login_token_sb=(.*);?/.exec(document.cookie);
      token = token && token[1] || authToken;
      if (!token) {
        handleBlock(true);
        return;
      }
      var info = JSON.parse(atob(token.slice(token.indexOf('.') + 1, token.lastIndexOf('.'))));
      var isAuth = Date.now() / 1000 < info.exp;
      if (!isAuth) {
        handleBlock(true);
        return;
      }
      handleBlock(false);
    }

    checkAuth();
    window.addEventListener('sb_xsolla_login_success', function (e) {
      checkAuth(e.detail);
    });
  })();
</script>

  1. blockArrayアレイで、ユーザーには非表示にしたいブロックで以下のパラメータを変更します:
    • blockName — CSSクラスのブロックの名前。可能性なオプション:
      • .block--header(ヘッダーブロック)
      • .block--hero(コールトゥアクションブロック)
      • .block--html(カスタムコードブロック)
      • .block--packs(パックブロック)
      • .block--description(説明ブロック)
      • .block--gallery(ギャラリーブロック)
      • .block--requirements(システム要件ブロック)
      • .block--faq(よくある質問ブロック)
      • .block--embed(ソーシャルメディアウィジェットブロック)
      • .block--news(ニュースブロック)
      • .block--footer(フッターブロック)
    • blockNumber-ブロックのシーケンス番号。最低値は0です。
  2. プレビューをクリックして変更を確認します。

この手順については、チュートリアルビデオをご覧ください:


自分のコードを追加する

  1. ビルダーで、ブロックを追加するをクリックして、カスタムコードを選択します。

  1. 独自のコードをブロックに挿入します。

コンテンツへのサブスクリプションを使用してアクセスを制限する

サブスクリプションを使用してブロックへのアクセスを制限するには:

  1. 1 つ以上のサブスクリプション プランをセットアップします。
  2. サイドメニューでサイトビルダーをクリックします。
  3. サイトパネルでサイトビルダーを開くをクリックします。
  4. アクセスを制限したいブロックの設定に移動します。
  5. ブロックを表示できるユーザーフィールドで、1 つ以上の加入者グループを選択します。変更が公開されると、権限のないユーザーと、選択したプランのサブスクリプションを購入していない権限のあるユーザーに対して、ブロックが非表示になります。

Note
制限は、ヘッダーフッタープロモーションスライダーカスタムコードを除くすべてのブロックに設定できます。

  1. 制限の設定により、非表示ブロックがどのように表示されるかを確認します。プレビューボタンをクリックし、トップメニューのドロップダウンリストから加入者グループを選択します。

あるグループの加入者だけが利用できる非表示ブロックの例

複数の加入者グループが利用できる非表示ブロックの例

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!

お役立ちリンク

最終更新日: 2021年7月20日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!