トークンを取得する

Note
許可されたユーザーがあなたのウェブサイトで購入する場合は、トークンの取得を実装してください。許可されていないユーザーに販売する場合は、Buy Buttonを接続してください。

決済インターフェースと統合するには、トークンを取得する必要があります。アクセストークンは、ゲームやユーザー、購入パラメータを識別する文字列です。

エクソラAPIは基本アクセス認証を採用しています。マーチャントIDをユーザー名、APIキーをパスワードとして指定します。

トークンの取得はこのURLから:

Copy
Full screen
Small screen
https://api.xsolla.com/merchant/v2/merchants/{merchant_id}/token

HTTP POSTリクエストの内容を変更して、決済UIに渡したいパラメータを含めることができます。トークンを取得するメソッドでのパラメータuser.iduser.nameおよびuser.emailでのユーザーに関する情報を渡します。
Note
user.idパラメータには、ユーザーが覚えていて、後で自分でゲーム外で使用できる識別子を使用します。(たとえば、プッシュペイメントを使用してゲームの残高を補充する場合)。
APIリファレンス
パラメータの全リストを参照してください。

リクエストとレスポンスはどちらもJSON形式です。

以下は、エクソラPHP SDKを使用してPHPでトークンを取得する方法のサンプルコードです。別のプログラミング言語を使用している場合は、CURLタブをクリックしてCURL例をご覧ください。

Copy
Full screen
Small screen
php
  • php
  • curl
<?php

use Xsolla\SDK\API\XsollaClient;
use Xsolla\SDK\API\PaymentUI\TokenRequest;

$tokenRequest = new TokenRequest($projectId, $userId);
$tokenRequest->setUserEmail('email@example.com')
    ->setExternalPaymentId('12345')
    ->setSandboxMode(true)
    ->setUserName('USER_NAME');

$xsollaClient = XsollaClient::factory(array(
    'merchant_id' => MERCHANT_ID,
    'api_key' => API_KEY
));
$token = $xsollaClient->createPaymentUITokenFromRequest($tokenRequest);
curl -v https://api.xsolla.com/merchant/v2/merchants/{merchant_id}/token \
-X POST \
-u your_merchant_id:merchant_api_key \
-H 'Content-Type:application/json' \
-H 'Accept: application/json' \
-d '
{
    "user": {
        "id": {
            "value": "1234567"
        },
        "email": {
            "value": "email@example.com"
        }
    },
    "settings": {
        "project_id": 14004,
        "mode": "sandbox"
    }
}'

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!

続きを読む

最終更新日: 2021年9月1日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!