トークンを取得する

サブスクリプションと統合するには、トークンを取得する必要があります。トークンは、ゲーム/ユーザーデータと支払い設定を含む文字列です。

エクソラAPIは基本アクセス認証を採用しています。マーチャントIDをユーザー名、APIキーをパスワードとして指定します。

トークンの取得はこのURLから:

Copy
Full screen
Small screen
https://api.xsolla.com/merchant/v2/merchants/{merchant_id}/token

トークンを要求する

サブスクリプションUIに渡すパラメーターを含めることで、HTTP POST要求を変更できます。リクエストとレスポンスはどちらもJSON形式です。

以下は、エクソラ PHP SDKを使用してPHPでトークンを取得する方法のサンプルコードです。別のプログラミング言語を使用している場合は、CURLタブをクリックしてCURL例をご覧ください。

Copy
Full screen
Small screen
php
  • php
  • curl
<?php

use Xsolla\SDK\API\XsollaClient;
use Xsolla\SDK\API\PaymentUI\TokenRequest;

$tokenRequest = new TokenRequest($projectId, $userId);
$tokenRequest->setUserEmail('email@example.com')
    ->setExternalPaymentId('12345')
    ->setSandboxMode(true)
    ->setUserName('USER_NAME');

$xsollaClient = XsollaClient::factory(array(
    'merchant_id' => MERCHANT_ID,
    'api_key' => API_KEY
));
$token = $xsollaClient->createPaymentUITokenFromRequest($tokenRequest);
curl -v https://api.xsolla.com/merchant/v2/merchants/{merchant_id}/token \
-X POST \
-u your_merchant_id:merchant_api_key \
-H 'Content-Type:application/json' \
-H 'Accept: application/json' \
-d '
{
    "user": {
        "id": {
            "value": "1234567"
        },
        "email": {
            "value": "email@example.com"
        }
    },
    "settings": {
        "project_id": 14004,
        "mode": "sandbox"
    }
}'

パラメータの完全なリストはAPIリファレンスをご参照ください。

支払処理をテストする

支払い処理をテスト方法:

  • サンドボックスを使用
  • 実際の支払いを行い、パブリッシャーアカウント経由で払い戻し

エクソラサンドボックスは独立した環境で、実際の決済を除くライブ環境のすべての機能をサポートします。サンドボックスにアクセスするには、トークンを取得する際に"mode":"sandbox"を送信します。

銀行カード決済をテストするには:

  1. サンドボックスモードでサブスクリプションUIを開きます
  2. 購入するアイテムを選択してください。
  3. 支払い方法のクレジット/デビットカードグループを選択します。
  4. 銀行カード情報を入力します。残りのフィールドに値を入力します。エラーを生成するために、誤った詳細(カード番号、有効期限、またはCVV)を指定することもできます。

テストに使用される銀行カード

Note
サンドボックスのクレジットカード支払いは、次の通貨で可能です:GBP、AED、ALL、AMD、ARS、AUD、AZN、BGN、BRL、BYN、CAD、CHF、CLP、CNY、COP、CZK、DKK、DZD、EGP、GEL、HKD、HRK、HMN、MYR、NGN、PEN、PHP、PKR、PLN、RON、RSD、SAR、SEK、KK、KS、KZT、MAD、MDL、MKD、MNT、MXN、MYR、NGN、SGD、THB、TRY、TWD、UAH、UYU、UZS、VEF、VND、ZAR。
Notice
実際の支払いを受け取るに場合は、まず"mode":"sandbox"を削除してください。

実際の支払いを行って支払プロセスをテストするには、銀行カードを使用することもお勧めします:

  1. サブスクリプションUIを開きます
  2. 購入するアイテムを選択してください。
  3. 支払い方法のクレジット/デビットカードグループを選択します。
  4. 有効な銀行カード情報を入力します。
  5. 支払いが完了したら、パブリッシャーアカウントの取引検索セクションに移動します。
  6. テスト取引を選択して、払い戻し(取引状態は完了でなければなりません)をクリックします。

Notice
試用期間のある定期購入の支払い処理をテストするには、有効なクレジットカードを使用して実際の決済を完了させます。テスト環境では課金アカウントを作成することができないため、テスト用銀行カードは試用期間なしの定期購入のテストにのみ適しています。
Note
支払い処理のテストは、VisaとMasterCardカードの使用をお勧めします。
この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!

続きを読む

最終更新日: 2021年7月12日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!