エクソラストレージ

仕組み

  1. アプリケーション(クライアント)がリクエストをエクソラログインサーバーに送信します。要求の形式は、JWTOAuth 2.0、およびGeneralメソッドグループで説明されています。
  2. エクソラログインサーバーは受信したデータを処理し、クライアントに応答を返します。
  3. クライアントがこの応答を処理します。

Info: すべてのユーザー情報はエクソラデータベースに保存されます。

使用に適した方

ログインを既に統合し、JWT標準ベースまたはOAuth 2.0プロトコルベースの認証を実装しているパートナー。

使用するには

  1. パブリッシャーアカウント>ログインプロジェクト>一般設定> URLに移動します。
  2. ユーザーデータストレージブロックで、エクソラストレージを選択します。

Info: エクソラストレージは新規ログインプロジェクトを作成するたびにデフォルトで設定されるストレージ方法です。