Android用SDK / Custom ID経由の認証
 ドキュメントに戻る

Android用SDK

  • Loginライブラリ

  • Storeライブラリ

  • Inventoryライブラリ

  • Paymentsライブラリ

  • Subscriptionsライブラリ

  • 認証

  • カタログ

  • プロモーション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性

  • Custom ID経由の認証

    エクソラ側でカスタムID(サーバーで生成したユーザーID)を使ってユーザーを認証することができます。

    この認証オプションにより、以下のことが可能になります:

    カスタムIDによるユーザー認証を行うには、アプリケーションのバックエンドにカスタムIDによる認証APIコールを実装する必要があります。このコールにより、ユーザーJSONウェブトークン(JWT)が返されます。これは、支払いを行い、インベントリを管理するためのSDKメソッドで認証トークンとして使用できます。

    お知らせ
    エクソラ側では、ユーザーが初めてIDによる認証を完了すると、新しいアカウントが自動的に作成されます。
    アクティブユーザーセッションを終了させるには、oauthLogoutSDKメソッドを使用します。
    SDK参照ドキュメンテーション
    SDKメソッドとそのパラメータの詳細については、こちらをご覧ください。

    ハウツー

    高度な設定については、ハウツーをご覧ください。

    独自の認証システムの使い方

    注意
    以下のライブラリを使用する場合は、このハウツーを参考してください:
    • Store
    • Payments
    • Inventory

    本SDKは、お客様独自の認証システムと統合することができます。そのためには、カスタムID(サーバーで生成したユーザーID)によるユーザー識別を実装し、ゲーム内ストアの開設、決済、インベントリ管理などを行います。

    独自の認証システムを使用する場合のエクソラサーバーとのインタラクションのフローは以下の通り:

    1. クライアントは、サーバーに認証リクエストを送信します。
    2. サーバーはユーザーを認証し、エクソラサーバーにユーザーJSONウェブトークン(JWT)を受け取るリクエストを送信し、カスタムIDを渡します。
    3. エクソラサーバーはユーザーJWTを返します。
    4. サーバーは、ユーザーJWTをクライアントに渡します。
    5. SDKメソッドでは、受け取ったユーザーJWTを認証トークンを代用として、ゲーム内ストアの開設、決済、インベントリ管理を行います。

    エクソラ製品で独自の認証システムを使用するには:

    1. パブリッシャーアカウントでサーバーOAuth 2.0クライアントをセットアップします。
    2. サーバーJWTの取得を実装します。
    3. ユーザーJWTの取得を実装します。
    4. ユーザーJWTを使用して、ゲーム内ストア、購入、インベントリを操作するロジックを実装します。

    お知らせ
    PlayFabまたはFirebaseの認証システムを使用している場合は、BaaSInsert用のエクソラ既製エクステンションを使用してユーザーJWTを取得します。

    サーバーOAuth 2.0クライアントをセットアップする

    1. パブリッシャーアカウントでプロジェクトを開き、ログインセクションに移動します。
    2. ログインプロジェクトのパネルでの構成するをクリックします。
    3. セキュリティブロックに移動してOAuth 2.0セクションに移動します。
    4. OAuth 2.0を追加するをクリックします。
    5. OAuth 2.0のリダイレクトURIを指定します。
    6. サーバー(サーバー・トゥ・サーバー接続)チェックボックスを入ります。
    7. 接続をクリックします。
    8. クライアントIDと秘密鍵をコピーして保存してください。

    サーバーJWTを取得する

    アプリケーションのバックエンドで、JWTを生成するAPIコールを使用してサーバーJWTを取得するメソッドを実装します。リクエストには、以下のパラメータを含める必要があります:

    お知らせ
    サーバーJWTの有効期限は59分です。

    ユーザーJWTを取得する

    アプリケーションのバックエンドで、custom IDによる認証APIコールを使用してユーザーJWTを取得するメソッドを実装します。リクエストはX-Server-Authorization: <server_JWT>ヘッダーを含まなければなりません。ここで、<server_JWT>前のステップで取得したサーバーJWTです。

    お知らせ
    ユーザーJWTの有効期限は24時間です。変更するには、アカウントマネージャに連絡するか、integration@xsolla.comにメールを送信してください。

    ユーザーJWTを使用する

    ユーザーJWTをXStore.initメソッドに渡しSDKメソッドを使用して、ゲーム内ストアを開き、支払いを行い、インベントリを管理します。

    期限切れ後に新しいユーザーJWTを受け取るためのロジックを実装します。ユーザーがアプリケーションに再度ログインする必要がないように、バックグランドモードで新しいトークンを取得することをお勧めします。

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    非表示

    お役立ちリンク

    最終更新日: 2022年9月13日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!