Android用SDK / ソーシャルログイン
 ドキュメントに戻る

Android用SDK

  • Loginライブラリ

  • Storeライブラリ

  • Inventoryライブラリ

  • Paymentsライブラリ

  • Subscriptionsライブラリ

  • 認証

  • カタログ

  • プロモーション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性

  • ソーシャルログイン

    ソーシャルログインは、アプリケーションの主要な認証方法として、または代替の認証方法として使用することができます。

    ユーザーの初回ログインがソーシャルネットワーク経由の場合、新しいアカウントが自動的に作成されます。

    代替の認証方法としてソーシャルログインを使用する場合、以下の条件を満たすと、ソーシャルネットワークのアカウントは自動的に既存のユーザーアカウントに紐付けられます:

    • ユーザー名/メールアドレスとパスワードでサインアップしたユーザーが、ソーシャルネットワークアカウントを介してアプリケーションにログインしました。
    • ソーシャルネットワークでは、メールアドレスを返します。
    • ソーシャルネットワークでのユーザーのメールアドレスは、アプリケーションで登録に使用したメールアドレスと同じです。

    ハウツー

    高度な設定については、ハウツーをご覧ください。

    ソーシャルネットワーク経由でネイティブ認証を設定する方法

    注意
    Loginライブラリを使用する場合は、このハウツーを参考してください。

    ネイティブ認証は、ユーザーがモバイルデバイスに設定されたソーシャルネットワークアカウントを介してアプリケーションにログインすることを可能にします。

    ユーザーが初めてログインすると、ソーシャルネットワーキングアプリケーションが起動し、ユーザー認証の許可を求めます。その後は、ユーザーが何もしなくても自動的に認証が行われます。

    現在、SDKは以下のソーシャルネットワーク経由のネイティブ認証を実装しています:

    • Google
    • Facebook
    • WeChat
    • QQ

    ネイティブ認証を設定するには:

    1. ソーシャルネットワークの開発者アカウントでアプリケーションの設定を行います:
      1. Facebookによる認証の場合:
        1. 登録して、新しいアプリケーションを作成します。
        2. Facebook開発者アカウントで、アプリケーションページを設定します。
      2. Googleによる認証の場合:Google API Consoleでプロジェクトを設定します。
      3. WeChatによる認証の場合:
        1. 登録して、新しいアプリケーションを作成します。
        2. 審査のためにアプリケーションを提出してください。
      4. QQによる認証の場合:
        1. 登録して、新しいアプリケーションを作成します。
        2. 審査のためにアプリケーションを提出してください。

    1. エクソラ側でソーシャルネットワークによる認証を設定します:
      1. FacebookとGoogleの場合は、パブリッシャーアカウントでソーシャルコネクションを設定します。
      2. WeChatとQQの場合は、あなたのアカウントマネージャーをお問い合わせてください。

    1. ソーシャルネットワークによる認証用ライブラリをインストールします。これを行うには、アプリケーションのbuild.gradleファイルを開き、依存関係セクションに次の行を追加します。ここで、<version_number>はライブラリの必要なバージョンです:
      • Facebookによる認証の場合:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    implementation 'com.xsolla.android:login-facebook:<version_number>'

      • Googleによる認証の場合:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    implementation 'com.xsolla.android:login-google:<version_number>'

      • WeChatによる認証の場合:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    implementation 'com.xsolla.android:login-wechat:<version_number>'

      • Googleによる認証の場合:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    implementation 'com.xsolla.android:login-qq:<version_number>'

    1. Loginライブラリを以下のパラメータで初期化します:
      • facebook_id — Facebook開発者アカウントのアプリID
      • google_id — Google API ConsoleからウェブアプリケーションのクライアントID
      • wechat_id — WeChat開発者アカウントのアプリID
      • qq_id — QQ開発者アカウントのアプリID

    JWTでの認証時にライブラリを初期化する例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    val loginConfig = LoginConfig.JwtBuilder()
                    .setProjectId("login-project-id")
                    .setSocialConfig(XLogin.SocialConfig(
                         facebookAppId = "facebook_id",
                         googleServerId = "google_id",
                         wechatAppId = "wechat_id",
                         qqAppId = "qq_id"
                    ))
                    .build()
    
    XLogin.init(applicationContext, loginConfig)

    OAuth 2.0での認証時にライブラリを初期化する例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    val loginConfig = LoginConfig.OauthBuilder()
                    .setProjectId("login-project-id")
                    .setOauthClientId("oauth2-client-id")
                    .setSocialConfig(XLogin.SocialConfig(
                         facebookAppId = "facebook_id",
                         googleServerId = "google_id",
                         wechatAppId = "wechat_id",
                         qqAppId = "qq_id"
                    ))
    
                    .build()
    
    XLogin.init(applicationContext, loginConfig)

    1. WeChatによる認証の場合、アプリケーションコードを変更します:
      • WXEntryActivityクラスを<your_package_name>.wxapiパッケージに追加します。<your_package_name>はアプリケーションのパッケージ名:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    package <your_package_name>.wxapi
    
    import android.app.Activity
    import android.os.Bundle
    import com.tencent.mm.opensdk.modelbase.BaseReq
    import com.tencent.mm.opensdk.modelbase.BaseResp
    import com.tencent.mm.opensdk.openapi.IWXAPI
    import com.tencent.mm.opensdk.openapi.IWXAPIEventHandler
    import com.tencent.mm.opensdk.openapi.WXAPIFactory
    import com.xsolla.android.login.social.LoginSocial
    
    class WXEntryActivity : Activity(), IWXAPIEventHandler {
    
        private lateinit var iwxapi: IWXAPI
    
        override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
            super.onCreate(savedInstanceState)
    
            iwxapi = WXAPIFactory.createWXAPI(this, LoginSocial.wechatAppId, false)
            iwxapi.handleIntent(intent, this)
            finish()
        }
    
        override fun onReq(req: BaseReq?) {
        }
    
        override fun onResp(resp: BaseResp) {
            LoginSocial.wechatResult = resp
        }
    }

      • AndroidManifest.xmlファイルに次の要素を追加します:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    <activity
                android:name=".wxapi.WXEntryActivity"
                android:exported="true">

    Facebook開発者アカウントでアプリケーションページをセットアップする

    1. Facebook開発者アカウントのプロジェクト設定に移動します。
    2. 設定>基本に移動します。
    3. プラットフォームを追加するをクリックし、Androidを選択します。
    4. Google Playのパッケージ名フィールドでのAndroidアプリケーションのパッケージ名を指定します。
    5. クラス名フィールドでのデフォルトのアクティビティの完全修飾クラス名を指定します。
    6. キーハッシュフィールドでハッシュキーを生成し、指定します。
    7. 変更を保存するをクリックします。

    さらにネイティブ認証の設定を行うには、設定 > 基本セクションのプロジェクト設定にあるアプリIDアプリシークレットが必要です。

    Google API Consoleでプロジェクトをセットアップする

    1. Google API Consoleに移動します。
    2. 新しいプロジェクトをクリックします。
    3. プロジェクト名場所を指定して保存するをクリックします。
    4. 作成したプロジェクトに移動してサイドメニューでのOAuth同意画面をクリックします。
    5. 外部オプションを選択して作成するをクリックします。
    6. 必要なパラメータを指定して、保存をクリックします。サイドメニューで
    7. 資格情報をクリックします。
    8. Androidアプリ用のOAuth 2.0クライアントを作成します:

      1. 資格情報を作成するをクリックして、OAuthクライアントIDを選択します。
      2. アプリケーションタイプフィールドでAndroidを指定します。
      3. 名称を指定します。
      4. パッケージ名フィールドであなたのAndroidアプリケーションのパッケージ名を指定します。
      5. SHA-keyを取得します。
      6. SHA-1証明書のフィンガープリントフィールドで前の手順で生成されたSHAキーを指定します。
      7. 作成するをクリックします。
      8. OKをクリックします。

    1. Webアプリケーション用のOAuth 2.0クライアントを作成します:
      1. 資格情報を作成するをクリックして、OAuthクライアントIDを選択します。
      2. アプリケーションタイプフィールドでウェブアプリケーションを指定します。
      3. 名称を指定します。
      4. 許可されたリダイレクトURIセクションでURIを追加するをクリックして、https://login.xsolla.com/api/social/oauth2/callback URIを指定します。
      5. 作成するクリックします。
      6. OKクリックします。

    さらにネイティブ認証の設定を行うには、ウェブアプリケーションのクライアントIDの設定にあるクライアントIDクライアントシークレットが必要です。

    エクソラパブリッシャーアカウントでログインプロジェクトのソーシャルコネクションを設定します

    1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開きます。
    2. サイドメニューでログインをクリックします。
    3. ログインプロジェクトのパネルで構成するをクリックします。
    4. ナビゲーションページで、認証ブロックに移動し、ソーシャルログインセクションを選択します。

    1. ソーシャルネットワークを設定するには、ソーシャルネットワークカードで、タイトルの右にある⚙アイコンをクリックし、接続を選択します。

    お知らせ
    ソーシャルネットワーク認証を使用するには、ソーシャルネットワークカードの設定で、プロジェクト内のアプリケーションのアプリケーションIDと秘密鍵を指定してください。アプリケーションIDと秘密鍵は、ソーシャルプロバイダーの開発者アカウントから入手できます。アプリケーションIDと秘密鍵の詳しい見つけ方は、パブリッシャーアカウントのソーシャルネットワークカード設定に記載されています。
    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    非表示

    お役立ちリンク

    最終更新日: 2022年8月8日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!