Android用SDK / アプリケーション側でSDKを統合する
 ドキュメントに戻る

Android用SDK

  • Loginライブラリ

  • Storeライブラリ

  • Inventoryライブラリ

  • Paymentsライブラリ

  • Subscriptionsライブラリ

  • 認証

  • カタログ

  • プロモーション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性

  • アプリケーション側でSDKを統合する

    1. 次のいずれかの方法で支払いトークンを取得するロジックを実装します:
      • Storeライブラリを使用します(推奨):
        1. 一つのアイテムを購入する場合は、createOrderByItemSkuメソッドを呼び出します。
        2. カート内のアイテムを購入するには:
          1. ユーザーがカートを満たした後、fillCurrentCartWithItemsメソッドを呼び出します。
          2. createOrderFromCartByIdまたはcreateOrderFromCurrentCartメソッドを呼び出します。

      • IGS & BB APIを使用します。
      • 独自のサーバーメソッドまたはBaaSソリューションメソッドを使用します。

    1. 決済UIオープン時のロジックを実装します:

    お知らせ
    実装例として、デモプロジェクトをご覧ください。
    Copy
    Full screen
    Small screen
    XPayments.createIntentBuilder(this)
        .accessToken(AccessToken(token))
        .isSandbox(BuildConfig.IS_SANDBOX)
        .build()
    startActivityForResult(intent, RC_PAYSTATION)

    1. 支払い結果の処理を実装します:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    override fun onActivityResult(requestCode: Int, resultCode: Int, data: Intent?) {
        super.onActivityResult(requestCode, resultCode, data)
        if (requestCode == RC_PAYSTATION) {
            val (status, _) = XPayments.Result.fromResultIntent(data)
            when (status) {
                XPayments.Status.COMPLETED -> showSnack(getString(R.string.payment_completed))
                XPayments.Status.CANCELLED -> showSnack(getString(R.string.payment_cancelled))
                XPayments.Status.UNKNOWN -> showSnack(getString(R.string.payment_unknown))
            }
        }
    }

    お知らせ
    実装例として、デモプロジェクトをご覧ください。
    進捗状況
    ご意見ありがとうございました!
    最終更新日: 2022年8月25日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!