Android用SDK / エクソラサーバーの統合
 ドキュメントに戻る

Android用SDK

  • Loginライブラリ

  • Storeライブラリ

  • Inventoryライブラリ

  • Paymentsライブラリ

  • Subscriptionsライブラリ

  • ハウツー

  • エクソラサーバーの統合

    このタイプの統合では、エクソラ側で以下の作業を行います:

    • カタログの保存と管理
    • 価格管理
    • 地域価格のデータの保存
    • 地域制限管理
    • インベントリ管理
    • プロモーションキャンペーン管理
    • ユーザー認証
    • ユーザーアクセス管理
    • 取引処理

    これらの作業のために、自分でサーバーを設定する必要はありません。

    統合フロー

    統合が完了したら、決済プロセスをテストできます

    Paymentsライブラリを統合するには:

    1. Android Studioをダウンロードしてインストールします。
    2. 新しいプロジェクトを作成します。
    3. あなたのパブリッシャーアカウントでプロジェクトを設定します。
    4. 仮想通貨モジュールを設定します(任意)。
    5. 仮想アイテムモジュールを設定します(任意)。
    6. 決済ステーションを設定します。
    7. トークンを取得します。
    8. ライブラリをインストールします。
    9. イベント処理とSDKメソッドを設定します。

    統合チームにお問い合わせください
    右下のチャットアイコンをクリックし、メッセンジャーで統合チームまでお問い合わせください。私たちはリアルタイムで回答し、問題解決をお手伝いします。
    Note
    こちらのガイドは、すぐに機能を使い始める場合に必要な、最低限の設定について説明しています。ご質問がございましたら、担当のアカウントマネージャー、またはintegration@xsolla.comまでメールでお問い合わせください。

    パブリッシャーアカウントでプロジェクトを作成する

    1. パブリッシャーアカウントに登録します。
    2. プロジェクトを構成します:
      1. ゲームデータを自動的に入力するには、任意のプラットフォームでゲームへのリンクを提供してください。プロジェクトの設定に、ゲームの画像、名前、説明文を追加します。
      2. ゲームデータを手動で入力するには、リンクがありませんので、手動でセットアップしますをクリックし、以下のことを指定してください:
        • プロジェクト言語(デフォルト:英語)
        • 指定されたすべての言語のプロジェクト名
        • ゲームウェブサイト(任意)
      3. プロジェクトを作成するをクリックします。

    統合プロセスでは、パブリッシャーアカウントでプロジェクト名の横に表示されているプロジェクトIDを入力する必要があります。

    仮想通貨モジュールをセットアップする

    1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開きます。
    2. ストアペインで接続をクリックします。サイドメニューのストアをクリックすると、パブリッシャーアカウントの任意のセクションからでもゲーム内ストア設定を行うことができます。

    1. 仮想通貨ペインの接続>をクリックします。

    1. 仮想通貨を作成する:
      1. 仮想通貨を作成するをクリックします。

      1. 以下の情報を指定します:
        • SKU
        • 通貨名
        • 仮想通貨の一単位の価格
        • デフォルトの通貨
        • ハード仮想通貨の機能(任意)
        • イメージ(任意)
      2. 通貨を作成するをクリックします。

    1. 仮想通貨のパッケージを作成します:
      1. パッケージに移動します。
      2. パッケージを作成するをクリックします。

      1. 以下の情報を指定します:
        • SKU
        • パッケージ名
        • 短い説明
        • 仮想通貨
        • パッケージ内の通貨単位の数量
        • 価格
        • デフォルトの通貨
        • イメージ(任意)

      1. ストアに表示するトリガーをオンにします。
      2. パッケージを作成するをクリックします。

    Note
    本ライブラリでは、仮想通貨のための仮想アイテムの購入をサポートしています。また、ユーザーはゲーム内のロジック(場所へのアクセス権取得、進行レベルの取得など)に応じて仮想通貨を利用することができます。ユーザーは、Xstore.consumeItemSDKメソッドを呼び出すことで仮想通貨を消費します。

    仮想アイテムモジュールを設定する

    Note
    SDKメソッドは以下のような項目をサポートしています:
    • 消耗品 — インベントリの中で、未払いまたは購入を繰り返して使用することができ、一度使用されると数が減少するアイテムのこと。アイテムのインベントリは補充することができる。例:相手を攻撃するための手榴弾や弾丸、応急処置キットなど。
    • 非消耗品 — インベントリ内のアイテムで、一度だけ未払いや購入が可能で、インベントリから消えることのないもの。例えば:ある場所へのアクセス、ステータスなど。
    • 非更新のサブスクリプション — 期間限定で利用可能で、期限が切れてもインベントリから消えない消費不可のアイテムです。例えば、プレミアムアクセスやシーズンアクセスなどです。詳細はゲーム内ストア説明書をご参照ください。

    1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開きます。
    2. ストアペインで接続をクリックします。サイドメニューのストアをクリックすると、パブリッシャーアカウントの任意のセクションからでもゲーム内ストア設定を行うことができます。

    1. 仮想アイテムペインの接続>をクリックします。

    1. グループを作成するをクリックします。

    1. グループコードグループ名を指定します。
    2. ストアでグループを表示するトグルをオンに設定します。
    3. グループを作成するをクリックします。

    1. アイテムを作成します:
      1. それぞれに次の情報を指定します:
        • そのアイテムが所属する1つまたはそれ以上のグループ
        • SKU
        • 名称と短い説明
        • 実際の通貨と仮想通貨の価格
        • 画像(任意)

      1. 環境設定セクションの項目プロパティフィールドで、アイテムのタイプに応じて、次のプロパティのいずれかを選択します:
        • 消耗品
        • 非消耗品
        • 非更新サブスクリプション
      2. アイテムを作成するをクリックします。

    1. グループのステータスが有効であることを確認します。

    パブリッシャーアカウントでの決済ステーションをセットアップする

    1. あなたのプロジェクトに移動し、決済ステーションブロックの開くをクリックします。ストアモジュールをインストールしていない場合は、決済ステーションブロックで 接続するをクリックします。

    1. 決済ステーションの設定を開きます。
    2. リダイレクトポリシーロックでリターンURLリダイレクト条件を指定し、保存をクリックします。

    Note
    ユーザーをAndroidアプリケーションにリダイレクトするには、リターンURLがスキームapp://xpayment.<ANDROID_PACKAGE_NAME>と一致する必要があります。ここで、<ANDROID_PACKAGE_NAME>はAndroidアプリケーションのパッケージ名です。

    トークンを取得する

    SDKを正常に動作させるためには、トークンが必要です。アクセストークンとは、決済手続きを開始するための文字列です。

    エクソラStoreライブラリからのCreate Order with All Items from Particular Cartメソッドを使用してトークンを取得できます。また、PlayFabから受信したトークンなど、別のアクセストークンを使用することもできます。

    ライブラリをインストールする

    ライブラリはMaven Centralで使用できます。

    ライブラリをインストールするには:

    1. Android Studioを起動します。
    2. アプリケーションのbuild.gradleファイルを開きます。
    3. 依存関係セクションに次の行を追加します。そこで、<version_number>は、Paymentsライブラリの必要なバージョンです:

    最新バージョン:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    implementation 'com.xsolla.android:payments:<version_number>'

    支払処理をテストする

    ライブラリの設定が完了した後、支払い処理をテストします。デフォルトでは、すべての決済はサンドボックスモードになっており、テスト用の銀行カードを使って、決済プロセスの成功をシミュレートすることができます。

    実際の支払いをして、決済プロセスをテストする:

    1. エクソラと契約を結んでいることを確認してください。
    2. Paystation Intentを構築する時に.isSandbox(false)を設定します。

    Note
    最初の実際の支払いが行われた後、厳格なサンドボックス支払いポリシーが有効になります。サンドボックスモードでの支払いは、パブリッシャーアカウント > 会社設定> ユーザーで指定されたユーザーのみが利用できます。
    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    このページを評価する
    このページを評価する
    改善できることはありますか?

    答えたくない

    ご意見ありがとうございました!

    続きを読む

    最終更新日: 2022年5月6日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!