Android用SDK / サブスクリプションプランをセットアップする
 ドキュメントに戻る

Android用SDK

  • Loginライブラリ

  • Storeライブラリ

  • Inventoryライブラリ

  • Paymentsライブラリ

  • Subscriptionsライブラリ

  • ハウツー

  • サブスクリプションプランをセットアップする

    1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開きます。
    2. サブスクリプションセクションに移動します。
    3. サブスクリプションプランタブで、サブスクリプションプランを作成するをクリックします。

    1. プランタイプを選択して設定します:

    Note
    パブリッシャーアカウントを通じて作成されたすべてのプランには、次のことができるExternal ID値が割り当てられます:
    • 特定のプランで決済UIを開きます。
    • アラートでプランを特定します。
    • トランザクションレポートでプランを特定します。
    External IDを手動で指定する必要がある場合は、プランを作成するAPIエンドポイントを使用してプランを作成してください。

    レギュラープランを設定する

    1. サブスクリプション情報のステップで、以下のことを指定します:
      1. プラン名:プランの名前を選択してください。
      2. 説明(任意):このプランの説明は、ユーザーがサブスクリプションを購入するときに決済UIに表示されます。

    1. 次へをクリックします。
    2. 決済情報のステップで、サブスクリプション費用のコストを定義する方法を選択します:
      1. 最初の決済に関連する価格を設定します。各決済の金額は、ユーザーが最初に支払った金額と同じです。
      2. 別の価格を設定します:各決済の金額を手動で設定します。このオプションを選択すると、表示されるフィールドで価格と通貨を指定します。

    1. 請求サイクルを構成します:
      1. 請求サイクル:決済の頻度を指定します。
      2. 試用期間:試用期間の中で、支払いをせずにサブスクリプションを利用できる日数を指定します。試用期間を設けないプランを作成する場合は、値を0に設定します。

    1. 1回払いのためのパラメータを指定します:このタイプのサブスクリプション更新では、ユーザーが電子メールで送信された決済リンクを介して支払いを行います。
      1. 期限切れリマインダー:サブスクリプションの有効期限の何日前にユーザーがリマインダーを受け取るかを指定します。6以上の値を設定すると、有効期限の1日前に追加のリマインダーが表示されます。リマインダーを送信しない場合は、0に設定してください。
      2. 猶予期間:有効期限を過ぎた後、サブスクリプションを継続して使用することができ、更新のオプションがある場合の日数です。猶予期間のないプランを作成するには、値を0に設定します。

    1. 自動決済のパラメータを指定します:このタイプのサブスクリプション更新では、保存された請求情報を使って自動的に決済が行われるため、ユーザーの操作は必要ありません。
      1. サブスクリプションの有効期限のリマインダー。
      2. ユーザーへの課金に最初に失敗した後の課金再試行回数です。システムは、1日に1回、ユーザーへの課金を再試行します。

    1. 次へをクリックします。
    2. 他の設定のステップで、加入者のボーナスを有効にします(任意):
      1. 加入者にボーナスを送るトグルをオンに設定します。
      2. ボーナスの頻度を指定します。
      3. ボーナスで送りたい仮想アイテムや仮想通貨を追加します。
      4. 加入者のコメントを追加します(任意)。コメントは決済ステーションの取引履歴に表示されます。

    Note
    加入者にボーナスを送るトグルがアクティブでない場合は、仮想通貨または仮想アイテムモジュールを設定していることを確認してください。

    ライフタイムプランを設定する

    1. サブスクリプション情報のステップで、以下のことを指定します:
      1. プラン名:プランの名前を選択してください。
      2. 説明(任意):このプランの説明は、ユーザーがサブスクリプションを購入するときに決済UIに表示されます。

    1. 次へをクリックします。
    2. 決済情報のステップで、サブスクリプションのコストを定義する方法を選択します:
      1. 最初の決済に関連する価格を設定します。各決済の金額は、ユーザーが最初に支払った金額と同じです。
      2. 別の価格を設定します:各決済の金額を手動で設定します。このオプションを選択すると、表示されるフィールドで価格と通貨を指定します。
    3. 返金期間フィルドで、ユーザーが登録を解除して支払いを払い戻すことができる日数を設定します。

    1. 次へをクリックします。
    2. 他の設定のステップで、加入者のボーナスを有効にします(任意):
      1. 加入者にボーナスを送るトグルをオンに設定します。
      2. ボーナスの頻度を指定します。
      3. ボーナスで送りたい仮想アイテムや仮想通貨を追加します。
      4. 加入者のコメントを追加します(任意)。コメントは決済ステーションの取引履歴に表示されます。

    Note
    加入者にボーナスを送るトグルがアクティブでない場合は、仮想通貨または仮想アイテムモジュールを設定していることを確認してください。

    シーズンパスを設定する

    1. サブスクリプション情報のステップで、以下のことを指定します:
      1. プラン名:プランの名前を選択してください。
      2. 期間:シーズンパスの有効期間。
      3. 説明(任意):このプランの説明は、ユーザーがサブスクリプションを購入するときに決済UIに表示されます。

    1. 次へをクリックします。
    2. 決済情報のステップで、サブスクリプションのコストを定義する方法を選択します:
      1. 最初の決済に関連する価格を設定します。各決済の金額は、ユーザーが最初に支払った金額と同じです。
      2. 別の価格を設定します:各決済の金額を手動で設定します。このオプションを選択すると、表示されるフィールドで価格と通貨を指定します。
    3. 返金期間フィルドで、ユーザーが登録を解除して支払いを払い戻すことができる日数を設定します。

    1. 次へをクリックします。
    2. 他の設定のステップで、加入者のボーナスを有効にします(任意):
      1. 加入者にボーナスを送るトグルをオンに設定します。
      2. ボーナスの頻度を指定します。
      3. ボーナスで送りたい仮想アイテムや仮想通貨を追加します。
      4. 加入者のコメントを追加します(任意)。コメントは決済ステーションの取引履歴に表示されます。

    Note
    加入者にボーナスを送るトグルがアクティブでない場合は、仮想通貨または仮想アイテムモジュールを設定していることを確認してください。
    進捗状況
    ご意見ありがとうございました!
    最終更新日: 2022年5月5日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!