Cocos Creator用のSDK / ソーシャルログイン
 ドキュメントに戻る

Cocos Creator用のSDK

  • 統合ガイド

  • デモプロジェクト

  • 認証

  • カタログ

  • プロモーション

  • サブスクリプション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性


  • ソーシャルログイン

    ソーシャルログインは、アプリケーションの主要な認証方法として、または代替の認証方法として使用することができます。

    ユーザーの初回ログインがソーシャルネットワーク経由の場合、新しいアカウントが自動的に作成されます。

    代替の認証方法としてソーシャルログインを使用する場合、以下の条件を満たすと、ソーシャルネットワークのアカウントは自動的に既存のユーザーアカウントに紐付けられます:

    • ユーザー名/メールアドレスとパスワードでサインアップしたユーザーが、ソーシャルネットワークアカウントを介してアプリケーションにログインしました。
    • ソーシャルネットワークでは、メールアドレスを返します。
    • ソーシャルネットワークでのユーザーのメールアドレスは、アプリケーションで登録に使用したメールアドレスと同じです。

    ハウツー

    高度な設定については、ハウツーをご覧ください。

    Android端末でソーシャルログインを設定する方法

    モバイルアプリケーションでは、アプリケーション内に認証フォームを開くことで、ソーシャルログインを実装することができます。これを行うには、ネイティブのAndroid向けのXsolla SDKをCocos Creatorのプロジェクトに接続します。このライブラリを使用すると、カスタムWebViewでソーシャルネットワークの認証フォームを開き、ログインに成功した場合にユーザートークンを受け取ることができます。この場合、ユーザーはモバイルアプリケーションから離れる必要はありません。

    モバイルアプリケーションにソーシャルネットワークによる認証機能を追加するには:

    1. Android向けのXsolla SDKをプロジェクトに接続します
    2. 認証を開始し、その結果を処理します:

      1. アプリケーションにソーシャルログインのUIを実装します(例えば、ログインページのSign in with Google ボタンなど)。
      2. アプリケーションのロジックに合わせて、authSocialネイティブメソッドの呼び出しを実装します。このメソッドは、ソーシャルネットワークの名前をパラメータとして受け取ります。

    ソーシャルログイン開始の例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    NativeUtil.authSocial(socialNetworkName);
    

      1. Cocos Creator側では、認可が成功したときのイベントを購読します。このイベントは、認可結果を処理するネイティブアクティビティによって、シーンレベルで生成されます。認証に成功したら、handleSuccessfulSocialAuthハンドラメソッドを呼び出し、ユーザーのトークンを含むオブジェクトを受け取ります。このオブジェクトはエクソラAPIでさらに作業することができます。

    サブスクリプションの例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    director.getScene().on(Events.SOCIAL_AUTH_SUCCESS, this.handleSuccessfulSocialAuth, this );
    

    お知らせ
    ネイティブスクリプトから、Cocos Creatorのコールバックメソッドは、ゲームスレッドから呼び出す必要があります。

      1. 必要なハンドラーメソッドのコールにより、ログインエラーおよびログインキャンセルイベントをサブスクライブします。

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    非表示

    IOS端末でソーシャルログインを設定する方法

    モバイルアプリケーションでは、アプリケーション内に認証フォームを開くことで、ソーシャルログインを実装することができます。これを行うには、ネイティブのiOS向けのXsolla SDKをCocos Creatorのプロジェクトに接続する必要があります。このライブラリを使用すると、ポップアップSafariタブでソーシャルネットワークの認証フォームを開き、ログインに成功した場合にユーザートークンを受け取ることができます。この場合、ユーザーはモバイルアプリケーションから離れる必要はありません。

    モバイルアプリケーションにソーシャルネットワークによる認証機能を追加するには:

    1. IOS向けのXsolla SDKをプロジェクトに接続します
    2. 認証を開始し、その結果を処理します:

      1. アプリケーションにソーシャルログインのUIを実装します(例えば、ログインページのSign in with Appleボタンなど)。
      2. アプリケーションのロジックに合わせて、authSocialネイティブメソッドの呼び出しを実装します。このメソッドは、ソーシャルネットワークの名前をパラメータとして受け取ります。

    ソーシャルログイン開始の例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    NativeUtil.authSocial(socialNetworkName);
    

      1. Cocos Creator側では、認可が成功したときのイベントを購読します。このイベントは、認可結果を処理するTypeScript-codeのスニペットによって、シーンレベルで生成されます。認証に成功したら、handleSuccessfulSocialAuthハンドラメソッドを呼び出し、ユーザーのトークンを含むオブジェクトを受け取ります。このオブジェクトはエクソラAPIでさらに作業することができます。

    サブスクリプションの例:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    director.getScene().on(Events.SOCIAL_AUTH_SUCCESS, this.handleSuccessfulSocialAuth, this );
    

    お知らせ
    ネイティブスクリプトから、Cocos Creatorのコールバックメソッドは、ゲームスレッドから呼び出す必要があります。

      1. 必要なハンドラーメソッドのコールにより、ログインエラーおよびログインキャンセルイベントをサブスクライブします。

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    非表示
    最終更新日: 2022年9月9日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!