iOS用SDK / ユーザーリダイレクトをセットアップする
 ドキュメントに戻る

iOS用SDK

  • Loginライブラリ

  • Storeライブラリ

  • Inventoryライブラリ

  • Paymentsライブラリ

  • Subscriptionsライブラリ

  • 認証

  • プロモーション

  • ユーザーアカウントと属性

  • ユーザーリダイレクトをセットアップする

    ユーザーが決済を完了した後に別のページにリダイレクトするには、2種類のリダイレクトを構成することができます:

    • 自動 — 遅延時間を設定したリダイレクト。
    • 手動 — ユーザーが決済UIを閉じるか、リダイレクトボタンをクリックした後のリダイレクト。

    リダイレクトは次の方法で設定できます:

    • 注文作成中 - プロジェクトを複数の用途に使用したり、ウェブサイトを通じてゲーム内アイテムを販売したりする場合は、このオプションを使用してください。

    注意
    リダイレクトがパブリッシャーアカウントと注文作成時に設定されている場合、注文作成時に指定されたパラメータが使用されます。

    パブリッシャーアカウントでのリダイレクトを構成する

    1. パブリッシャーアカウントでプロジェクトを開きます。
    2. サイドメニューの決済ステーションをクリックします。
    3. 設定 > リダイレクトポリシーセクションに移動します。

    1. リターンURLフィールドに、支払い後にユーザーがリダイレクトされるURLまたはパスを入力します。

    お知らせ
    ユーザーをiOSアプリケーションにリダイレクトするには、URLが次のスキームと一致している必要があります:app://xlogin.<BUNDLE_ID>ここで、<BUNDLE_ID>iOSアプリケーション識別子です。

    1. 自動リダイレクトパラメータを設定するには:
      1. ドロップダウンリストから、以下の自動リダイレクト条件を選択する場合:
        • なし — リダイレクトしません。
        • 決済成功 — 決済が成功したときにリダイレクトします。
        • 決済成功またはキャンセル — 決済が成功またはキャンセルされたときにリダイレクトされます。
        • 任意の決済 — 任意の決済状況にリダイレクトします。
      2. 遅延フィールドに、リダイレクトタイムアウトを秒単位で入力します。

    1. 手動リダイレクトパラメータを設定するには:
      1. ドロップダウンリストから、手動リダイレクト条件を選択します:
        • なし — リダイレクトしません。
        • 決済成功 — 決済が成功するとリダイレクトボタンが表示されます。
        • 決済成功またはキャンセル — 決済が完了したときやキャンセルされたときに、リダイレクトボタンが表示されます。
        • 任意の決済 — すべての支払いステータスにリダイレクトボタンが表示されます。
      2. リダイレクトボタンキャプションフィールドに、ユーザーをリターンURLにリダイレクトさせるボタンのコピーを入力します。

    注意

    リダイレクトボタンのコピーは、デフォルトでゲームに戻るになっています。すべての決済ステーション言語にローカライズされています。

    プロジェクトが複数の言語をサポートしている場合は、それぞれのフィールドでそれぞれのリダイレクトボタンのコピーを指定できます。

    ユーザーが決済UIを閉じると、指定されたリターンURLにもリダイレクトされます。

    1. 保存をクリックします。

    注文作成時にリダイレクトを構成する

    paymentProjectSettingsオブジェクトを作成し、注文作成メソッド(createOrder)に渡します。オブジェクトで、リダイレクト設定を設定します:

    1. returnUrlパラメータには、支払い後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパスを渡します。

    お知らせ
    ユーザーをiOSアプリケーションにリダイレクトするには、URLが次のスキームと一致している必要があります:app://xlogin.<BUNDLE_ID>ここで、<BUNDLE_ID>iOSアプリケーション識別子です。

    1. 自動リダイレクトパラメータを設定するには:
      1. redirectPolicy.redirectConditionsパラメータで、以下のリダイレクトがアクティブになった場合、条件を渡します:
        • none — リダイレクトしません。
        • successful — 支払いが成功するとリダイレクトします。
        • successfulOrCanceled — 支払いが成功またはキャンセルされたときにリダイレクトします。
        • any — 任意の決済状況にリダイレクトします。
      2. delayパラメータで、リダイレクトタイムアウトを秒単位で渡します。

    1. 手動リダイレクトパラメータを設定するには:
      1. statusForManualRedirectionパラメータで、以下のリダイレクトボタンが表示される場合、決済状況を渡します:
        • none — リダイレクトしません。
        • successful — 支払いが成功するとリダイレクトします。
        • successful_or_canceled — 支払いが成功またはキャンセルされたときにリダイレクトします。
        • any — 任意の決済状況にリダイレクトします。
      2. redirectButtonCaptionパラメータに、ユーザーをリターンURLにリダイレクトするボタンのコピーを渡します。

    注意

    リダイレクトボタンのコピーは、デフォルトでゲームに戻るになっています。すべての決済ステーション言語にローカライズされています。

    プロジェクトが複数の言語をサポートしている場合は、それぞれのフィールドでそれぞれのリダイレクトボタンのコピーを指定できます。

    ユーザーが決済UIを閉じると、指定されたリターンURLにもリダイレクトされます。

    注文作成時にリダイレクトを設定する例として、デモプロジェクトを使用できます。

    進捗状況
    ご意見ありがとうございました!
    最終更新日: 2022年12月2日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!