iOS用の企業レベルSDK / パーソナライズされたオファー
  ドキュメントに戻る

iOS用の企業レベルSDK

パーソナライズされたオファー

ユーザーグループごとにパーソナライズされたオファーを作成することができます。例えば、特定のレベルや取引回数を持つプレイヤーは、仮想アイテムを購入する際に割引を受けることができます。

パーソナライズされたオファーの構成には、読み出し専用のユーザー属性が使用されます。例えば、ボーナスを得るチャンス、ゲームキャラクターのキーパラメータ、ユーザーカテゴリなどに使用します。このタイプの属性の値は、アプリケーションのサーバー側で入力して編集します。

パーソナライズされたオファーをセットアップするには:

  1. JSON Schema形式で属性検証ルールを設定します
  2. アプリケーションで、ストレージに属性値を渡すロジックを実装してください。そのためには、以下のAPIメソッドを使用します:

お知らせ
アプリケーションでカスタムIDによるユーザー認証を実装している場合Auth by custom ID APIエンドポイントを呼び出す際に、属性値を渡すことができます。

  1. パーソナライズされたオファーのルールを設定します。以下のパーソナライゼーションの条件を1つ以上設定できます:

  1. パーソナライズされたカタログを表示するには、ユーザー認証時に受け取ったトークンをStoreライブラリメソッドに渡します:
    • getVirtualItems
    • getAllVirtualItems
    • getVirtualCurrency
    • getVirtualCurrencyPackages
    • getItemsOfGroup
    • getBundle
この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!

お役立ちリンク

最終更新日: 2024年1月22日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!