Unity用SDK / Unity 2019でAndroid 11向けのアプリケーションビルドをセットアップする方法
 ドキュメントに戻る

Unity用SDK

  • 統合ガイド

  • デモプロジェクト

  • 認証

  • カタログ

  • 商品購入

  • 使用法

  • アプリケーションビルドガイド

  • トラブルシューティング

  • SDKバージョン1.0.0以降に移行する方法

  • Unity 2019でAndroid 11向けのアプリケーションビルドをセットアップする方法

    Android 11 (API レベル 30)に対応するため、一部のAndroidライブラリにパッケージの可視性<queries>要素が追加されました。<queries>要素を使用するには、Gradle バージョン 5.6.4 以降が必要です。Gradle バージョン6.9.2は、Unity 2019、2020、2021でサポートされているため、このバージョンを使用することが推奨されます。

    Unityバージョン2020以降では、Android 11をサポートしたGradleバージョンがデフォルトでインストールされます。

    Android 11をサポートしたGradleをインストールするには、以下の手順に従います:

    1. Gradle 6.9.2をダウンロードします。
    2. Unity Editorでプロジェクトを開きます。
    3. メインメニューで、Edit > Preferences (Windows) またはUnity > Preferences (macOS)に移動します。
    4. External Tools > Androidセクションに移動します。
    5. Gradle installed with Unityのチェックボックスを外します。
    6. Gradleフィルドで、Browseをクリックして、Gradle 6.9.2のファイルがあるフォルダを選択します。

    1. メインメニューでEdit > Project Settingsに移動します。
    2. Player > Androidタブに移動します。
    3. Publishing Settings > Buildセクションで、Custom Main Gradle TemplateCustom Launcher Gradle TemplateおよびCustom Gradle Properties Templateボックスのチェックを入れます。
    4. Assets/Plugins/Android/gradleTemplate.propertiesファイルに以下のラインを追加します:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    android.useAndroidX=true

    1. Assets/Plugins/Android/mainTemplate.gradleAssets/Plugins/Android/launcherTemplate.gradleファイルに以下の変更をします:
      1. ファイル冒頭の以下のコメントを削除します(欠落している可能性があります):

    Copy
    Full screen
    Small screen
    // GENERATED BY UNITY. REMOVE THIS COMMENT TO PREVENT OVERWRITING WHEN EXPORTING AGAIN

      1. ファイルの冒頭に以下の行を追加してください:

    Copy
    Full screen
    Small screen
    buildscript {
    repositories {
            google()
            jcenter()
        }
        dependencies {
            // Must be Android Gradle Plugin 3.6.0 or later. For a list of
            // compatible Gradle versions refer to:
            // https://developer.android.com/studio/releases/gradle-plugin
         classpath 'com.android.tools.build:gradle:3.6.0'
        }
    }
    
    allprojects {
        repositories {
            google()
            jcenter()
            flatDir {
            dirs 'libs'
            }
        }
    }

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    このページを評価する
    このページを評価する
    改善できることはありますか?

    答えたくない

    ご意見ありがとうございました!
    最終更新日: 2022年4月28日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!