Unity用の企業レベルSDK / Android 13 用のアプリケーションビルドを設定する方法
  ドキュメントに戻る

Unity用の企業レベルSDK

Android 13 用のアプリケーションビルドを設定する方法

Android 13(APIレベル33)用のアプリビルドを設定する手順は、使用しているUnityのバージョンによって異なります。

アクション20192020202120222023
Target API Levelを33にアップグレードする+++++
Gradle 7.2 プラグインを使用する++++
Base Gradle TemplateでGradleプラグインのバージョンを変更する++++
Launcher Gradle TemplateにMETA/INFの除外項目を追加する+++++
Main Gradle TemplateにMETA/INFの除外項目を追加する+
AndroidManifestを変更する+++++
お知らせ
後処理スクリプトを使ってセットアッププロセスを自動化できます。例えば、AndroidFilesProcessorファイル
この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!
最終更新日: 2024年7月19日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!