Unity用SDK / 一般情報
 ドキュメントに戻る

Unity用SDK

  • 統合ガイド

  • デモプロジェクト

  • 認証

  • カタログ

  • サブスクリプション

  • プロモーション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性

  • アプリケーションビルドガイド

  • トラブルシューティング


  • 一般情報

    ユーザーのログインと登録のためのソリューションは、ログイン製品をベースにしています。プロジェクトの認証設定は、パブリッシャーアカウントログインセクションで行います。

    SDKを使用する場合は、エクソラ個人情報保護方針契約のリンクをアプリケーションに追加してください。このリンクの例は、サインアップページのデモプロジェクトで見ることができます。

    お知らせ
    エクソラ個人情報保護方針契約は、ユーザーデータが使用されることを意味するものではないことにご注意してください。このタイプのデータを収集して処理する予定がある場合は、行動が法律に準拠していることを確認してください。ユーザーのデータを収集して処理する許可をユーザーに求めるか、個人情報保護方針同意書についてユーザーに通知する必要があります。

    ハウツー

    高度な設定については、ハウツーをご覧ください。

    OAuth 2.0認証をセットアップする方法

    OAuth 2.0では、長持ちするトークンの代わりに、短命のトークンを使用しています(リフレッシュトークン)。リフレッシュトークンを使用することで、ユーザーはユーザー名とパスワードを再入力することなく、長期間アプリケーションに滞在することができます。これにより、ユーザー認証データが危険にさらされるリスクがなくなります。

    認証用にOAuth 2.0を設定するには:

    • ユーザー名またはメールとパスワード経由
    • ソーシャルネットワーク経由
    • Steam経由

    オプションが有効な場合、ユーザー登録と認証は、Register new userおよびJWT auth by username and password APIコールを呼び出すことによって実行されます。SKDは、OAuth 2.0認証のために、JWTトークン認証と同様の方法を提供します。

    お知らせ
    この設定を有効にしても、アプリケーションでのユーザーの認証プロセスは変わりません。

    OAuth 2.0認証を設定するには:

    1. パブリッシャーアカウントでログインプロジェクトのOAuth 2.0認証をセットアップします。
    2. Unityプロジェクトでアセットをセットアップします。

    パブリッシャーアカウントでログインプロジェクトのOAuth 2.0認証を設定する

    1. パブリッシャーアカウントに移動します。
    2. サイドメニューでログインをクリックします。
    3. ログインプロジェクトペインで構成するをクリックします。
    4. セキュリティブロックに移動して OAuth 2.0セクションを選択します。
    5. OAuth 2.0を追加をクリックします。
    6. OAuth 2.0リダイレクトURIフィールドでは、ユーザーが認証、メールアドレスの確認、パスワードのリセットに成功した後にリダイレクトされるURLまたはアプリケーションのパスを指定します。
    7. 接続するをクリックします。
    8. クライアントIDをコピーして保存します。

    Unityプロジェクトでアセットをセットアップする

    1. Unityプロジェクトに移動します。
    2. メインメニューでWindow > Xsolla > Edit Settingsをクリックします。
    3. Inspectorパネルで:
      1. Authorization TypeフィールドでOAuth2.0を選択します。
      2. OAuth2.0 client IDフィールドで、パブリッシャーアカウントでOAuth 2.0を設定するときに受信したクライアントIDを指定します。

    更新トークンを操作するために、SDKには次のメソッドが実装されています:

    • RefreshOAuthToken — 以前保存されたOAuth2.0更新トークンを使用して既存のトークンを更新します。
    • ExchangeCodeToToken — ユーザーの認証コードを有効なJWTと交換します。

    GetSocialNetworkAuthUrlメソッドにあるoauthState引数は、OAuth 2.0認証時の追加のユーザ検証に使用されます。この引数は、CSRF攻撃の可能性を軽減するために使用されます。

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    非表示

    トークン無効化の設定方法

    トークンの無効化により、アプリケーション内のユーザー認証データのセキュリティを向上させることができます。このオプションを有効にすると、ユーザーが認証を行うたびに無効になる古いトークンが新しいトークンに置き換わります。

    お知らせ
    JWTトークンを使用する認証では、トークン無効化を設定することができます。OAuth 2.0認証の場合、トークン無効化はプロトコル自体が提供するものであり、別途設定する必要はありません。

    SDKを利用する場合、with_logoutパラメータが1に設置すると、Auth by username and passwordAuth via social networkのAPIコールを呼び出すことで、既存のトークンの無効化と新しいトークンの生成を行います。

    Unityプロジェクトでトークン無効化を有効にするには:

    1. メインメニューで、Window > Xsolla > Edit Settingsに移動します。
    2. Inspectorパネルに行きます。Authorizaton TypeフィールドでJWTを選択します。Invalidate Existing Sessionsチェックボックスをオンにします。

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    非表示

    続きを読む

    最終更新日: 2022年10月31日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!