Unity用SDK / ソーシャルログイン
 ドキュメントに戻る

Unity用SDK

  • 統合ガイド

  • デモプロジェクト

  • 認証

  • カタログ

  • サブスクリプション

  • プロモーション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性

  • アプリケーションビルドガイド

  • トラブルシューティング


  • ソーシャルログイン

    アプリケーションでは、ソーシャルネットワークのアカウントを使用したユーザー認証を実装することができます。ユーザーの最初のログインがソーシャルネットワーク経由の場合、新しいアカウントが自動的に作成されます。ユーザーは、ユーザー名やメールアドレスなどのデータを入力する必要がありません。

    ソーシャルネットワークを利用した認証の実装には、2つの方法があります:

    • Webベース認証。この場合、アプリケーションはブラウザでフォームを開き、選択したソーシャルネットワークを介して認証を完了させます。
    • ネイティブ認証。認証はユーザーのデバイス上のソーシャルネットワークアプリケーションを介して実行されます。このオプションは、モバイルアプリケーションにのみ適しています。

    ソーシャルログインは、アプリケーションの主要な認証方法として、または代替の認証方法として使用することができます。

    代替の認証方法としてソーシャルログインを使用する場合、以下の条件を満たすと、ソーシャルネットワークのアカウントは自動的に既存のユーザーアカウントに紐付けられます:

    • ユーザー名/メールアドレスとパスワードでサインアップしたユーザーが、ソーシャルネットワークアカウントを介してアプリケーションにログインしました。
    • ソーシャルネットワークでは、メールアドレスを返します。
    • ソーシャルネットワーク上のユーザーのメールアドレスと、アプリケーションでサインアップに使用したメールアドレスが一致します。

    ソーシャルネットワークアカウントの手動リンクを実装することもできます。

    ハウツー

    高度な設定については、ハウツーをご覧ください。

    ソーシャルネットワーク経由でWebベース認証を設定する方法

    SDKは、ソーシャルログインのために以下のプロバイダーをサポートしています:

    • Amazon
    • Apple
    • Baidu
    • Battle.net
    • Discord
    • Facebook
    • GitHub
    • Google
    • Kakao
    • LinkedIn
    • MSN
    • Mail.ru
    • Microsoft
    • Naver
    • Odnoklassniki
    • PayPal
    • QQ
    • Reddit
    • Steam
    • Twitch.tv
    • Twitter
    • VK
    • Vimeo
    • WeChat
    • Weibo
    • Xbox Live
    • Yahoo
    • Yandex
    • YouTube

    ウェブサービスによる認証を設定するには:

    1. アプリケーションのインターフェースに、ソーシャルネットワーク経由の認証のボタンを追加します。
    2. パブリッシャーアカウントでログインプロジェクトにソーシャルコネクションをセットアップします
    3. アプリケーション側で認証ロジックを実装します

    エクソラパブリッシャーアカウントでログインプロジェクトのソーシャルコネクションを設定します

    注意
    パブリッシャーアカウントで、アプリケーションで使用するログインプロジェクトにクラシック ログインソーシャルログインのオプションが選択されていることを確認します。ログイン方法を変更するリンクをクリックすると、後でログイン方法を変更することができます。以前に保存した設定は失われません。

    1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開きます。
    2. サイドメニューでログインをクリックします。
    3. ログインプロジェクトのパネルで構成するをクリックします。
    4. ナビゲーションページで、認証ブロックに移動し、ソーシャルログインセクションを選択します。

    1. ユーザーがアプリケーションへのサインアップやログインに使用できるソーシャルネットワークを接続します:

      • ソーシャルネットワークに接続するには、⚙ アイコンをクリックし、接続するを選択します。

      • 複数のソーシャルネットワークを一度に接続するには、必要なペインを選択します(枠線が緑色になる)。それで、管理ドロップダウンメニューから、接続するを選択します。

      • 利用可能なすべてのソーシャルネットワークを接続するには、すべて選択をクリックします。それで、管理ドロップダウンメニューから、接続するを選択します。

    お知らせ
    エクソラのアプリケーションIDとシークレットキーは、デフォルトで認証に使用されます。ソーシャルプロバイダの開発者アカウントを使用してアプリケーションを設定する場合は、独自のアプリケーションIDと秘密鍵を指定することができます。アプリケーションIDと秘密鍵の詳しい探し方は、パブリッシャーアカウントのソーシャルネットワークカードの設定に記載されています。

    アプリケーション側で統合する

    ソーシャルログインボタンをクリックした際に、以下のロジックを実装します:

    1. GetSocialNetworkAuthUrl SDKメソッドでサインアップ/ログインページのURLを取得します。
    2. ブラウザでサインアップ/ログインページを開きます。

    お知らせ
    ソーシャルログインは、外部のブラウザでは利用できません。SDKには、エクソラが開発したビルトインブラウザが含まれています。エクソラのビルトインブラウザ、またはURLの変更を追跡できる別の組み込みブラウジング ソリューションのいずれかを使用できます。

    1. ユーザー認証に成功した後のページURLの変更を追跡します。
    2. アクティブなページのURLから認証コードを取得します。SDKヘルパーメソッドParseUtils.TryGetValueFromUrl()を使用して、これを行うことができます。
    3. ExchangeCodeToToken SDKメソッドを使用して、認証コードをトークンに交換します。

    SDK参照ドキュメンテーション
    SDKメソッドとそのパラメータの詳細については、こちらをご覧ください。
    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    非表示

    ソーシャルネットワーク経由でネイティブ認証を設定する方法

    ネイティブ認証は、ユーザーがモバイルデバイスに設定されたソーシャルネットワークアカウントを介してアプリケーションにログインすることを可能にします。

    ユーザーが初めてログインすると、ソーシャルネットワーキングアプリケーションが起動し、ユーザー認証の許可を求めます。その後は、ユーザーが何もしなくても自動的に認証が行われます。

    現在、SDKは以下のソーシャルネットワーク経由のネイティブ認証を実装しています:

    • Google
    • Facebook
    • WeChat
    • QQ

    ネイティブ認証を設定するには:

    1. アプリケーションのインターフェースに、ソーシャルネットワークを介した認証のためのボタンを追加します。
    2. Android用のUnityプロジェクトビルドを作成します。
    3. ソーシャルネットワークの開発者アカウントでアプリケーションの設定を行います:
      1. Facebookによる認証の場合:
        1. 登録して、新しいアプリケーションを作成します。
        2. Facebook開発者アカウントで、アプリケーションページを設定します。
      2. Googleによる認証の場合:Google API Consoleでプロジェクトを設定します。
      3. WeChatによる認証の場合:
        1. 登録して、新しいアプリケーションを作成します。
        2. 審査のためにアプリケーションを提出してください。
      4. QQによる認証の場合:
        1. 登録して、新しいアプリケーションを作成します。
        2. 審査のためにアプリケーションを提出してください。

    1. エクソラ側でソーシャルネットワークによる認証を設定します:
      1. FacebookとGoogleの場合は、パブリッシャーアカウントでソーシャルコネクションを設定します。
      2. WeChatとQQの場合は、あなたのアカウントマネージャーをお問い合わせてください。
    2. Unityプロジェクトのアセットを設定します。
    3. アプリケーション側で認証ロジックを実装します

    Android用Unityプロジェクトビルドを作成する

    1. Unityプロジェクトに移動します。
    2. メインメニューでFile > Build settingsをクリックします。
    3. PlatformパネルでAndroidをクリックします。
    4. Buildをクリックします。

    ネイティブ認証の設定に関する詳細については、以下のものが必要です:

    • File > Build settingsAndroidプラットフォームを選択後、Inspectorパネル内のPackage Nameフィールドで見つかったパッケージ名。
    • Androidクラス名 — アプリケーションの名前空間(例:com.domain.appname.activity)を含む、主活動のクラス名。クラス名はAndroidManifest.xmlで確認することができます。主活動のタグには、アクションandroid.intent.action.MAINとカテゴリーandroid.intent.category.LAUNCHERを持つintent-filterタグが必要です。
    • Androidハッシュキー。OpenSSLで取得することができます。

    Facebook開発者アカウントでアプリケーションページをセットアップする

    1. Facebook開発者アカウントのプロジェクト設定に移動します。
    2. 設定 > 基本に移動します。
    3. プラットフォームを追加をクリックし、Androidを選択します。
    4. Google Playパッケージ名フィールドでUnityプロジェクトのパッケージ名を指定します。
    5. クラス名フィールドでUnityプロジェクトのAndroidクラス名を指定します。
    6. キーハッシュフィールドでUnityプロジェクトのハッシュキーを指定します。
    7. 変更内容を保存をクリックします。

    さらにネイティブ認証の設定を行うには、設定 > 基本セクションのプロジェクト設定にあるアプリIDアプリシークレットが必要です。

    Google API Consoleでプロジェクトをセットアップする

    1. Google API Consoleに移動します。
    2. 新しいプロジェクトをクリックします。
    3. プロジェクト名場所を指定して保存するをクリックします。
    4. 作成したプロジェクトに移動してサイドメニューでのOAuth同意画面をクリックします。
    5. 外部オプションを選択して作成するをクリックします。
    6. 必要なパラメータを指定して、保存をクリックします。サイドメニューで
    7. 資格情報をクリックします。
    8. Unityアプリ用のOAuth 2.0クライアントを作成します:

      1. 資格情報を作成をクリックして、OAuthクライアントIDを選択します。
      2. アプリケーションタイプフィールドでAndroidを指定します。
      3. 名前を指定します。
      4. パッケージ名フィールドでUnityプロジェクトのパッケージ名を指定します。
      5. SHA-1証明書のフィンガープリントフィールドでUnityプロジェクトのAndroidハッシュキーを指定します。
      6. 作成をクリックします。
      7. OKをクリックします。

    1. Webアプリケーション用のOAuth 2.0クライアントを作成します:
      1. 資格情報を作成するをクリックして、OAuthクライアントIDを選択します。
      2. アプリケーションタイプフィールドでウェブアプリケーションを指定します。
      3. 名称を指定します。
      4. 許可されたリダイレクトURIセクションでURIを追加するをクリックして、https://login.xsolla.com/api/social/oauth2/callback URIを指定します。
      5. 作成するクリックします。
      6. OKクリックします。

    さらにネイティブ認証の設定を行うには、ウェブアプリケーションのクライアントIDの設定にあるクライアントIDクライアントシークレットが必要です。

    エクソラパブリッシャーアカウントでログインプロジェクトのソーシャルコネクションを設定します

    注意
    パブリッシャーアカウントで、アプリケーションで使用するログインプロジェクトにクラシック ログインソーシャルログインのオプションが選択されていることを確認します。ログイン方法を変更するリンクをクリックすると、後でログイン方法を変更することができます。以前に保存した設定は失われません。

    1. パブリッシャーアカウントであなたのプロジェクトを開きます。
    2. サイドメニューでログインをクリックします。
    3. ログインプロジェクトのパネルで構成するをクリックします。
    4. ナビゲーションページで、認証ブロックに移動し、ソーシャルログインセクションを選択します。

    1. ソーシャルネットワークを設定するには、ソーシャルネットワークカードで、タイトルの右にある⚙アイコンをクリックし、接続を選択します。

    お知らせ
    ソーシャルネットワーク認証を使用するには、ソーシャルネットワークカードの設定で、プロジェクト内のアプリケーションのアプリケーションIDと秘密鍵を指定してください。アプリケーションIDと秘密鍵は、ソーシャルプロバイダーの開発者アカウントから入手できます。アプリケーションIDと秘密鍵の詳しい見つけ方は、パブリッシャーアカウントのソーシャルネットワークカード設定に記載されています。

    Unityプロジェクトのアセットをセットアップする

    1. Unityプロジェクトに移動します。
    2. メインメニューでWindow > Xsolla > Edit Settingsをクリックします。
    3. アプリケーションIDを指定します:
      1. Facebook App IDフィールドでのFacebook開発者アカウントからアプリIDを指定します。
      2. Google server IDフィールドでのGoogle API ConsoleからウェブアプリケーションのクライアントIDを指定します。
      3. WeChat App IDフィルドでAppIDをWeChatアプリケーションの設定から指定します。
      4. QQ App IDAppIDフィルドをQQアプリケーションの設定から指定します。

      アプリケーション側で統合する

      ソーシャルログインボタンをクリックした際に、以下のロジックを実装します:
      1. AuthWithSocialNetworkAccessToken SDKメソッドを呼び出し、認証コードを取得します。
      2. ExchangeCodeToToken SDKメソッドを使用して、認証コードをトークンに交換します。
      SDK参照ドキュメンテーション
      SDKメソッドとそのパラメータの詳細については、こちらをご覧ください。
      この記事は役に立ちましたか?
      ありがとうございます!
      改善できることはありますか? メッセージ
      申し訳ありません
      この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
      ご意見ありがとうございました!
      あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
      非表示

    お役立ちリンク

    最終更新日: 2022年11月14日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!