購入管理

高度な設定については、ハウツーをご覧ください。

Steam経由で決済を設定する方法

Notice
Game Commerceアセットのみを使用する場合は、このハウツーを参考してください。

エクソラは、プレイヤーがSteam経由でゲーム内購入の支払いを行う際に、決済ゲートウェイとして機能することができます。この場合、ゲーム内ストアを設定する際に、Steam SDKを統合したり、Steam経由での支払いのニュアンスを考慮したりする必要はありません。

Steam経由の決済を設定するには:

  1. エクソラと追加契約を締結します。

Note
エクソラは、Steam経由で決済を行う際に、収益分配を減らします。詳細はアカウントマネージャーに確認してください。

  1. パブリッシャーアカウントでSteamのゲートウェイを設定します。
  2. Steamを介してネイティブ認証を設定します。
  3. Unityプロジェクトを開きます。
  4. メインメニューでのWindow > Xsolla > Edit Settingsをクリックします。
  5. Inspectorパネルで、PaymentsフィルドでSteam Gatewayを選択します。

Unityプロジェクトの設定を変更した後、決済トークンリクエストx-steam-useridヘッダーが追加されます。

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
非表示

クーポンの扱い方

Notice
以下のアセットのみを使用する場合は、このハウツーを参考してください:
  • Game Commerce
  • Cross-Buy

新規ユーザーを獲得して売上を上げるために、クーポンプロモーションを実装することができます。クーポンを利用すると、ユーザーは以下の報酬のいずれかを受け取ることができます:

  • 仮想通貨パッケージ
  • ゲームキー
  • 仮想アイテム

クーポンプロモーションの特徴や制限事項の詳細については、ゲーム内ストアガイドを参照してください。

クーポンプロモーションを利用するには:

  1. クーポンを使ったプロモーションキャンペーンの設定方法に沿って、パブリッシャーアカウントの設定を完了させてください。
  2. 以下のSDKのメソッドを使用してゲーム内ロジックを実装します:

    • GetCouponRewards — クーポンが利用された際にユーザーにクレジットされるアイテムのリストを取得します。Get coupon rewards APIコールはSDKコールと同時に使用されます。
    • RedeemCouponCode— クーポンコードを代金引換して、ユーザーに報酬を与えます。Redeem coupon code APIコールはSDKコールと同時に使用されます。

Note
お使いのアプリケーションがクーポンを使用するためのインターフェースや追加ロジックを実装することが望ましくない場合は、アカウントマネージャーに連絡して、クーポンを使用したキャンペーンを設定してください。この場合、クーポンの入力と有効化は、カートのインターフェースではなく、決済ステーションでの購入代金の支払い時に行われます。
この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
非表示

プロモーションクーポンの扱い方

Notice
Game Commerceアセットのみを使用する場合は、このハウツーを参考してください。

アプリに新規ユーザーを獲得して売上を上げるためには、プロモーションコードを使ったキャンペーンを実施することができます。プロモーションコードを利用すると、ユーザーは以下のいずれかの報酬を受け取ることができます:

  • ユーザーのカートに適用される割引
  • ボーナスアイテム:
    • 仮想通貨パッケージ
    • ゲームキー
    • バンドルまたは非更新サブスクリプションを含む仮想アイテム

プロモーションコードを使ったキャンペーンの特徴や制限については、ゲーム内ストアガイドをご覧ください。

プロモーションコードを利用するには:

  1. プロモーションコードを使ったキャンペーンの設定方法に沿って、パブリッシャーアカウントの設定を完了させてください。
  2. 以下のSDKのメソッドを使用してゲーム内ロジックを実装します:

    • GetPromocodeReward — プロモーションコードの報酬を取得します。多くのアイテムの中から1つをボーナスとして選択できるようになりました。Get promo code reward APIコールはSDKメソッドと一緒に使用します。
    • RedeemPromocode — プロモコードを利用します。プロモコードを利用すると、ユーザーは無料のアイテムを手に入れたり、カートの価格を下げたりすることができます。Redeem promo code APIコールはSDKメソッドと一緒に使用します。

Note
お使いのアプリケーションがプロモーションコードを使用するためのインターフェースや追加ロジックを実装することが望ましくない場合は、アカウントマネージャーに連絡して、プロモーションコードを使用したキャンペーンを設定してください。この場合、プロモーションコードの入力と有効化は、カートのインターフェースではなく、決済ステーションでの購入代金の支払い時に行われます。
この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
非表示

バンドルの扱い方

Notice
Game Commerceアセットのみを使用する場合は、このハウツーを参考してください。

アプリに新しいユーザーを獲得して、売上を上げるためには、コンテンツのコストよりも安い価格でアイテムのセットをバンドル販売することができます。

バンドルには以下のものが含まれます:

  • 仮想通貨(プラットフォーム依存通貨を含む)
  • 仮想通貨パッケージ
  • 事前に選択されたDRMのゲームキー
  • 非更新サブスクリプションを含む仮想アイテム
  • バンドル

バンドルの特徴や制限事項の詳細については、ゲーム内ストアガイドを参照してください。

バンドルを利用するには:

  1. バンドルの設定方法に沿って、パブリッシャーアカウントの設定を完了させてください。
  2. 以下のSDKのメソッドを使用してゲーム内ロジックを実装します:

    • GetBundles — カタログを構築するためのバンドルのリストを取得します。Get list of bundles APIコールはSDKメソッドと一緒に使用します。
    • GetBundle — 指定したSKUのバンドルを取得します。Get specified bundle APIコールはSDKメソッドと一緒に使用します。

Note
実際通貨で販売されたアイテムを含むバンドルの場合、これらのアイテムの合計コストはtotal_content_priceパラメータに渡されます。この値を使用して、アプリケーションでバンドルを購入するメリットを表示することができます。
この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
非表示

SDKを使ったゲーム内ストアサイトの利用方法

Notice
以下のアセットのみを使用する場合は、このハウツーを参考してください:
  • Game Commerce
  • Cross-Buy

ゲーム内ストアサイトを利用したゲーム外での仮想アイテムや仮想通貨の販売を実装します。購入したアイテムや通貨は、プレイヤーのインベントリから入手できるようになります。

ストアサイトとSDKを統合するには:

  1. ストアサイトを作成します
  2. アプリケーションコードにゲーム内ストアのサイトアドレスを指定します。
  3. アプリケーションがストアサイトとリンクするためのロジックを実装します

ストアサイトを作成する

サイト上のストアを接続する手順に従って、サイトビルダーを使用してストアサイトを作成できます。

Notice
デフォルトでは、サイトを作成する際には、パブリッシャーアカウントに新しいログインプロジェクトが作成されます。サイトビルダーを設定する際には、SDKを設定したときと同じログインプロジェクトを使用します。

別のソリューションを使用して作成されたストアサイトに接続する場合は、ストアを作成するための手順に従ってください。

ストアサイトと連動するアプリのロジックのレコメンデーション

アプリケーションを開発する際には、これらのレコメンデーションに従ってください:

  1. アプリケーションとストアサイトのログインウィジェットで、ユーザー登録と認証のフィールドを同期させます:
    • 登録と認証にユーザーの電子メールとパスワードを使用する場合は、アプリケーション内の電子メールと同じユーザー名を設定してください。

Note
ウィジェットは、認証と登録のためにデフォルトでユーザーの電子メールとパスワードを使用します。

    • 登録と認証にユーザー名、ユーザーメールアドレス、パスワードを使用している場合は、アカウントマネージャーに連絡してログインウィジェットのフィールドを変更してください。

  1. アプリケーションクライアントからストアサイトに移動する場合は、パススルーユーザー認証を実装します。これを行うには、URLパラメータにユーザートークンを渡す必要があります。認可の例は、Cross-Buyアセットのデモシーンに示されています。

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
非表示
最終更新日: 2021年7月20日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!