Unity用SDK / 一般情報
  ドキュメントに戻る

Unity用SDK

一般情報

SDKは、カタログからのワンクリック購入やショッピングカート経由での商品購入に対応しています。

購入プロセスをテストするために、決済UIのサンドボックスモードとテストカードを使用することができます。サンドボックスモードは、決済方法の動作をシミュレートするだけで、実際のお金が絡んでいません。サンドボックスを試すために、エクソーラと契約を結んだり、手数料を支払う必要はありません。

注意
最初の実際の支払いが行われた後、厳格なサンドボックス支払いポリシーが有効になります。サンドボックスモードでの支払いは、アドミンページでの会社設定 > ユーザーセクションで指定されたユーザーのみが利用できます。

決済UIは、ペイステーション製品をベースにしています。利用可能な決済方法の選択とその他の設定は、ペイステーションセクションのアドミンページで利用可能です。

決済UIの開き方は、アプリケーションが構築されているプラットフォームによって異なります。

  • デスクトップアプリケーションの場合、プロジェクトの設定によってSDKを利用することで内蔵または外部ブラウザで決済UIを開くことができます。
  • モバイルアプリケーションの場合、決済UIは外部ブラウザーで開かれます。
  • WebGLの場合、決済UIウィジェットは同じブラウザページのiframeで開かれます。

モバイルアプリケーションのWebViewで決済UIを開く場合は、「」アイコンを追加して、ユーザーが購入のどの段階でも決済UIを閉じることができるようにします。これを行うには、XsollaCatalog.PurchaseまたはXsollaCart.Purchase SDKメソッドを呼び出す時に、PurchaseParamsクラスのインスタンスでclose_buttonパラメータを使用します。

WebViewでのclose_buttonパラメータの使用例:

ハウツー

高度な設定については、ハウツーをご覧ください。

支払い後にアプリケーションへのユーザーリダイレクトをセットアップする方法

ユーザーが決済を完了した後に別のページにリダイレクトするには、2種類のリダイレクトを構成することができます:

  • 自動 — 遅延時間を設定したリダイレクト。
  • 手動 — ユーザーが決済UIを閉じるか、リダイレクトボタンをクリックした後のリダイレクト。

リダイレクトは次の方法で設定できます:

  • アドミンページで — 単一アプリケーション用のプロジェクトを設定していて、異なるプラットフォーム用のビルドを作成する予定がない場合は、このオプションを使用してください。

  • SDK設定で — 以下の場合には、このオプションを使用してください:
    • プロジェクトを複数のアプリケーションに使用する
    • 異なるプラットフォーム向けにビルドを作成する
    • ウェブサイト経由でゲーム内アイテムを販売する
注意
アドミンページとSDKの設定でリダイレクトが設定されている場合は、SDK設定で指定されたパラメータが使用されます。

アドミンページでのリダイレクトを構成する

  1. アドミンページでプロジェクトを開きます。
  2. サイドメニューのペイステーションをクリックします。
  3. 設定 > リダイレクトポリシーセクションに移動します。
  1. リターンURLフィールドに、支払い後にユーザーがリダイレクトされるURLまたはパスを入力します。
お知らせ

ユーザーをモバイルアプリケーションにリダイレクトするには、URLが次のスキームのいずれかに一致する必要があります:

<ANDROID_PACKAGE_NAME>/<BUNDLE_ID>の値はUnityプロジェクト設定 (Edit > Project Settings > Player > Android (iOS) > Other Settings > Bundle Identifier) で確認できます。

  1. 自動リダイレクトパラメータを設定するには:
    1. ドロップダウンリストから、以下の自動リダイレクト条件を選択する場合:
      • なし — リダイレクトしません
      • 決済成功 — 決済が成功したときにリダイレクトします。
      • 決済成功またはキャンセル — 決済が成功またはキャンセルされたときにリダイレクトされます。
      • 任意の決済 — 任意の決済状況にリダイレクトします。
    2. 遅延フィールドに、リダイレクトタイムアウトを秒単位で入力します。デフォルトでは、リダイレクトは0秒でアクティブになります。

  1. 手動リダイレクトパラメータを設定するには:
    1. ドロップダウンリストから、手動リダイレクト条件を選択します:
      • なし — リダイレクトしません
      • 決済成功 — 決済が成功するとリダイレクトボタンが表示されます。
      • 決済成功またはキャンセル — 決済が完了したときやキャンセルされたときに、リダイレクトボタンが表示されます。
      • 任意の決済 — すべての支払いステータスにリダイレクトボタンが表示されます。
    2. リダイレクトボタンキャプションフィールドに、ユーザーをリターンURLにリダイレクトさせるボタンのコピーを入力します。
注意

リダイレクトボタンのコピーは、デフォルトでゲームに戻るになっています。すべてのペイステーション言語にローカライズされています。

プロジェクトが複数の言語をサポートしている場合は、それぞれのフィールドでそれぞれのリダイレクトボタンのコピーを指定できます。

ユーザーが決済UIを閉じると、指定されたリターンURLにもリダイレクトされます。

  1. 保存をクリックします。

SDK設定でリダイレクトを構成する

  1. Unityプロジェクトを開きます。
  2. メインメニューでのWindow > Xsolla > Edit Settingsをクリックします。
  3. Inspectorパネルを開き、Pay Station > Redirect Policyセクションに移動します。
  4. アプリケーションのビルドプラットフォーム (DesktopWebGLAndroidまたはiOS) に対応するセクションに移動し、リダイレクトパラメーターを指定します:

    1. Use setting from Publisher Accountチェックボックスのチェックを外します。
    2. Return URLフィールドに、ユーザーが支払いを行った後にリダイレクトされるURLまたはパスを入力します。
お知らせ

ユーザーをモバイルアプリケーションにリダイレクトするには、URLが次のスキームのいずれかに一致する必要があります:

<ANDROID_PACKAGE_NAME>/<BUNDLE_ID>の値はUnityプロジェクト設定 (Edit > Project Settings > Player > Android (iOS) > Other Settings > Bundle Identifier) で確認できます。

    1. 自動リダイレクトパラメータを設定するには:
      1. ドロップダウンリストから、以下のRedirect Conditionsを選択します:
        • None — リダイレクトしません。
        • Successful payment — 支払いが成功するとリダイレクトします。
        • Successful or canceled payment — 決済が成功またはキャンセルされたときにリダイレクトします。
        • Any payment — 任意の決済状況にリダイレクトします。
      2. Redirect Timeoutフィールドに、リダイレクトタイムアウトを秒単位で入力します。

    1. 手動リダイレクトパラメータを設定するには:
      1. ドロップダウンリストから以下のStatus for Manual Redirectionを選択します:
        • None — リダイレクトしません。
        • Successful payment — 決済が成功するとリダイレクトボタンが表示されます。
        • Successful or canceled payment — 決済が成功またはキャンセルされると、リダイレクトボタンが表示されます。
        • Any payment — すべての支払いステータスにリダイレクトボタンが表示されます。
      2. Redirect Button Captionフィールドに、ユーザーをリターンURLにリダイレクトするボタンのコピーを入力します。
注意

リダイレクトボタンのコピーは、デフォルトでゲームに戻るになっています。すべてのペイステーション言語にローカライズされています。

プロジェクトが複数の言語をサポートしている場合は、それぞれのフィールドでそれぞれのリダイレクトボタンのコピーを指定できます。

ユーザーが決済UIを閉じると、指定されたリターンURLにもリダイレクトされます。

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
非表示

続きを読む

最終更新日: 2024年4月26日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!