Unity用SDK / Steam経由での支払い
 ドキュメントに戻る

Unity用SDK

  • 統合ガイド

  • デモプロジェクト

  • 認証

  • カタログ

  • サブスクリプション

  • プロモーション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性

  • アプリケーションビルドガイド

  • トラブルシューティング


  • Steam経由での支払い

    注意
    Steamと直接契約している場合は、このハウツーに従ってください。エクソーラペイステーション経由で他の支払い方法を使用する場合、Stea経由でユーザー認証を実装している場合でも、追加の設定は必要ありません。

    エクソーラは、プレイヤーがSteam経由でゲーム内購入の支払いを行う際に、決済ゲートウェイとして機能することができます。この場合、インゲームストアを設定する際に、Steam SDKを統合したり、Steam経由での支払いのニュアンスを考慮したりする必要はありません。

    Steam経由の決済を設定するには:

    1. エクソーラと追加契約を締結します。

    お知らせ
    エクソーラは、Steam経由で決済を行う際に、収益分配を減らします。詳細はカスタマーサクセスマネージャーに確認してください。

    1. アドミンページでSteam用のゲートウェイをセットアップします。
    2. Steam経由でネイティブ認証を設定します
    3. SDKメソッドを使用してアイテム購入ロジックを実装します。アプリケーションに購入ロジックを実装する場合、SteamUtils.GetAdditionalCustomHeadersメソッドを呼び出して追加のリクエストヘッダーを取得します。購入(Purchaseなど)または注文(PurchaseItemなど)を作成するSDKメソッドを呼び出すときに、受信したヘッダーをcustomHeadersパラメータに渡します。

    Steam経由のアイテム購入用スクリプトの例:

    Copy
    Full screen
    Small screen

    using UnityEngine;
    using Xsolla.Catalog;
    using Xsolla.Core;
    
    namespace Xsolla.Samples.Steam
    {
        public class SellViaSteamGateway : MonoBehaviour
        {
            // Function for starting the purchase process via Steam Gateway
         public void PurchaseItem(string itemSku)
            {
                // Get additional headers for the request from `SteamUtils` class
             var additionalHeaders = SteamUtils.GetAdditionalCustomHeaders();
    
                // Starting the purchase process
             // Pass the `itemSku` parameter and callback functions for success and error cases
             // Pass `additionalHeaders` variable as the optional `customHeaders` parameter
             XsollaCatalog.Purchase(itemSku, OnPurchaseSuccess, OnError, customHeaders: additionalHeaders);
            }
    
            private void OnPurchaseSuccess(OrderStatus status)
            {
                Debug.Log("Purchase successful");
                // Add actions taken in case of success
         }
    
            private void OnError(Error error)
            {
                Debug.LogError($"Error: {error.errorMessage}");
                // Add actions taken in case of error
         }
        }
    }
    

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    このページを評価する
    このページを評価する
    改善できることはありますか?

    答えたくない

    ご意見ありがとうございました!

    お役立ちリンク

    最終更新日: 2023年5月29日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!