Unity用SDK / 注文状況を追跡する
 ドキュメントに戻る

Unity用SDK

  • 統合ガイド

  • デモプロジェクト

  • 認証

  • カタログ

  • サブスクリプション

  • プロモーション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性

  • アプリケーションビルドガイド

  • トラブルシューティング


  • 注文状況を追跡する

    ユーザーが購入した後、アプリケーションは以下のアクションを実行することができます:

    • アプリケーションUIに注文状況を表示する
    • 支払い完了後、ユーザーの残高を計上する
    • 支払い完了後、購入したアイテムを付与する

    これらのアクションのロジックを実装するには、タイマーや特定のイベント発生時(例:決済UIからアプリケーションにリダイレクトする時)に注文状況を追跡します。

    現在の決済トークン状況を取得するには、CheckOrderStatus SDKメソッドを使用します。ショッピングカート経由の購入ワンクリック購入、または仮想通貨の購入で受け取った注文IDをパラメータとして渡します。
    SDK参照ドキュメンテーション
    SDKメソッドとそのパラメータの詳細については、こちらをご覧ください。
    お知らせ
    また、エクソラのトランザクションイベントに対して、アプリケーションのサーバーサイドでウェブフック処理を実装することも可能です。
    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    このページを評価する
    このページを評価する
    改善できることはありますか?

    答えたくない

    ご意見ありがとうございました!

    お役立ちリンク

    最終更新日: 2022年9月6日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!