Unity用SDK / SDKバージョン1.0.0以降に移行する方法
 ドキュメントに戻る

Unity用SDK

  • 統合ガイド

  • デモプロジェクト

  • 認証

  • カタログ

  • サブスクリプション

  • プロモーション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性

  • アプリケーションビルドガイド

  • トラブルシューティング


  • SDKバージョン1.0.0以降に移行する方法

    バージョン1.0.0での構造変更

    • デモ機能およびUI要素は別プロジェクトに移動しました。SDKにはエクソラ製品を操作するためのクラスとメソッドのみが含まれています。
    • 以下を含む、SDKの構造とクラスを変更しました:
      • XsollaLoginクラスをXsollaAuthに改名されました。
      • XsollaStoreクラスをXsollaCatalogXsollaCart及びXsollaOrdersに分割されました。

    お知らせ
    後方互換性を維持するために、元のクラスは保持され、非推奨とマークされています。コールは新しいメソッドにプロキシされます。

    パッケージ交換について

    1. Unity プロジェクトを開きます。
    2. Xsollaフォルダを削除します。
    3. SDKまたはデモプロジェクトパッケージをダウンロードします。

    お知らせ
    プロジェクトでコードスニペットやデモシーンUIを使用する場合、デモプロジェクトパッケージはすでにSDKファイルを含んでいるので、直接にダウンロードしてください。Unityプロジェクトにデモプロジェクトが含まれている場合は、SDKを統合する必要はありません。

    1. パッケージを解凍します。
    2. Unity Editorで、メインメニューでのAssets > Import Package > Custom Packageに移動して、SDKまたはデモプロジェクトパッケージを選択します。
    3. 依存関係の警告ウィンドウで、Install/Upgradeをクリックします。その結果、Import Unity Packageウィンドウが開き、ファイルのリストがチェックされて、インストールできるようになります。このリストには、どのファイルが変更されず、どのファイルが追加され、どのファイルが置換されるかが示されます。
    4. Importをクリックします。
    5. アプリケーションをテストし、必要に応じてプロジェクトコードを変更します。

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    このページを評価する
    このページを評価する
    改善できることはありますか?

    答えたくない

    ご意見ありがとうございました!
    最終更新日: 2022年8月12日

    誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

    問題を報告する
    当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
    フォローアップ用のメールをご提供してください
    ご意見ありがとうございました!