Unreal Engine用SDK / アプリケーションランチャー経由の認証
 ドキュメントに戻る

Unreal Engine用SDK

  • 統合ガイド

  • デモプロジェクト

  • 認証

  • カタログ

  • サブスクリプション

  • プロモーション

  • 商品購入

  • プレイヤーインベントリ

  • ユーザーアカウントと属性

  • アプリケーションビルドガイド


  • アプリケーションランチャー経由の認証

    エクソラランチャーやSteamを使用してユーザーにアプリケーションを配信する場合、ランチャーの認証情報を使って自動的にユーザー認証を行うことができます。

    ハウツー

    高度な設定については、ハウツーをご覧ください。

    ランチャー経由でアプリケーションに認証を設定する方法

    エクソラランチャーを使用して、アプリケーションをユーザーに配信したり、更新したりすることができます。ランチャーには認証ツールが組み込まれています。ユーザー名とパスワードを再入力する必要がないように、ランチャーを介してアプリケーションの認証を設定します。

    注意
    ランチャーを使用するには、ログインの設定が必要です。別の認証システムを使用することはサポートされていません。

    SDKとランチャーを連携するためにセットアップする

    1. パブリッシャーアカウントでランチャーをセットアップします。

    お知らせ
    config.jsonファイルで、以下のオブジェクトの値を変更するだけで十分です:
    • launcher_project_idパブリッシャーアカウント > ランチャー > 一般設定 > 一般情報にあるランチャーIDを指定します。
    • login_project_idパブリッシャーアカウント > ランチャー > 一般設定 > 認証にあるログインIDを指定します

    1. ランチャーUIをカスタマイズします

    注意
    エクソラサーバーとのSDKの統合は、Commerce APIコールを使用しているため、ランチャーストアはサポートされていません。

    1. あなたのアプリケーションのランチャー認証ロジックを実装します。
    2. ランチャーインストールファイルとビルドアーカイブを生成します
    3. アプリケーションのビルドを作成します
    4. アプリケーションのビルドをエクソラアップデートサーバーにアップロードします

    ランチャーによる認証ロジックを実装する

    ランチャーによるアプリケーションでの認証の流れは以下の通り:

    1. ユーザーはランチャーで認証されています。
    2. ユーザーはアプリケーションをインストールして実行します。
    3. ランチャーは、アプリケーションを実行し、コマンドラインでユーザーのパラメータを渡します。認証トークンは、xsolla-login-tokenパラメータで渡されます。
    4. アプリケーションは、コマンドラインパラメーターを処理し、トークンを取得します。
    5. アプリケーションは受信したトークンを検証します。
    6. アプリケーションは、認証ページを表示することなく、自動的にユーザーを認証します。

    このロジックの実装例は、デモプロジェクトのW_LoginDemoブループリントにあります。

    お知らせ
    取得したトークンは、SDKメソッドでゲーム内ストアの開設や決済などに使用されます。

    アプリケーションのビルドを作成する

    1. Unreal Engineプロジェクトに移動します。
    2. Content Browserで、トークンが処理されているユーザ認証マップを開きます。
    3. メインメニューでEdit > Project Settingsに移動します。
    4. Project> Maps & Modesに移動し、Game Default Mapフィールドで、以前に開いた認証マップを選択します。

    1. Plugins > Xsolla Loginに移動します。
    2. Project IDフィールドで、パブリッシャーアカウント > プロジェクト設定 > プロジェクトIDにあるプロジェクトIDを指定します。
    3. Login IDフィールドで、パブリッシャーアカウント > ランチャー > 一般設定 > 認証にあるログインIDを指定します。
    4. File > Package Project > Windows (64 bit)に移動し、またはメインメニューでのFile > Package Project > Macに移動するのはビルドを作成するプラットフォームに依存します。
    5. ポップアップウィンドウで、完成したビルドが置かれるディレクトリへのパスを指定します。

    この記事は役に立ちましたか?
    ありがとうございます!
    改善できることはありますか? メッセージ
    申し訳ありません
    この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
    ご意見ありがとうございました!
    あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
    非表示

    Steam経由でネイティブ認証を設定する方法

    ネイティブ認証では、プレイヤーはインストールされているSteamクライアント経由であなたのアプリケーションに入ることができます。Steam経由のネイティブ認証を設定した後、Steam経由の決済をアプリケーションに追加することもできます。

    ネイティブ認証を設定するには:

    1. パブリッシャーアカウントでStreamを介してサイレント認証をセットアップします。
    2. Unreal Engineプロジェクトを構成します。
    3. イベントの処理を構成します。
    4. Steamを介して認証を確認します。

    Unreal Engineプロジェクトを構成する

    1. Unreal EngineプロジェクトのConfigカタログに移動します。
    2. DefaultEngine.iniファイルに下のラインを追加して、SteamDevAppIdパラメータにアプリIDを指定します。

    Copy
    Full screen
    Small screen
      [/Script/Engine.GameEngine]
      +NetDriverDefinitions=(DefName="GameNetDriver",DriverClassName="OnlineSubsystemSteam.SteamNetDriver",DriverClassNameFallback="OnlineSubsystemUtils.IpNetDriver")
      
      [OnlineSubsystem]
      DefaultPlatformService=Steam
      
      [OnlineSubsystemSteam]
      bEnabled=true
      SteamDevAppId=480
      
      [/Script/OnlineSubsystemSteam.SteamNetDriver]
      NetConnectionClassName="OnlineSubsystemSteam.SteamNetConnection"

      1. Unreal Editorでプロジェクトを開きます。
      2. Settings > Plugins > Online Platformに移動します。
      3. Online Subsystem Steamモジュールで、Enabledボックスをチェックして、Restart Nowボタンをクリックして設定を保存し、Unreal Editorをリロードします。

      イベントの処理を構成する

      1. 以下のイメージは、プロジェクトにノードを追加する方法を示しています:

        Steam経由でユーザーを認証するには、GetSessionTicketメソッドを介してsession ticket>を取得する必要があります。AuthenticateWithSessionTicketメソッドを呼び出す際に受信した値を渡します。その結果、APIを呼び出すときに使用されるトークンを取得します。

      1. 追加のトークン検証のために、ValidateTokenメソッドコールバックを追加します(任意)。

      Steamによる認証を確認する

      1. スタンドアロンプラットフォーム用のUnreal Engineプロジェクトのビルドを作成します。
      2. Steamを起動してログインします。
      3. アプリケーションを起動します。すべてが正しければ、Steamポップアップウィンドウが表示されます。

      この記事は役に立ちましたか?
      ありがとうございます!
      改善できることはありますか? メッセージ
      申し訳ありません
      この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
      ご意見ありがとうございました!
      あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
      非表示
      最終更新日: 2022年8月1日

      誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

      問題を報告する
      当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
      フォローアップ用のメールをご提供してください
      ご意見ありがとうございました!