認証

以下のステップバイステップのチュートリアルに従って、SDKの基本的な機能を使ってみましょう。

ユーザー名/メールとパスワードによるユーザーログイン

この説明では、SDKのメソッドを使用して実装する方法を示します:

  • ユーザー登録
  • 登録確認メールの再送依頼
  • ユーザーログイン
  • ユーザーパスワードリセット

ユーザーの認証は、ユーザー名またはメールアドレスで行うことができます。以下の例では、ユーザー名でユーザーを認証し、メールアドレスは登録の確認やパスワードのリセットに使用します。

Note
ログインウィジェットをサイト(ウェブストアなど)で使用する場合は、サイトとアプリケーションで同じユーザー認証方法を実装していることを確認してください。デフォルトでは、ウィジェットは認証に電子メールアドレスを使用します。ユーザー名によるユーザーログインを設定するには、アカウントマネージャーにお問い合わせください。

例題の論理とインターフェースは、お客様のアプリケーションでの使用よりも複雑ではありません。認証システムの実装方法は、デモプロジェクトで紹介されています。

ユーザー登録を実装する

ウェジットを作成する

  1. Content Browserに移動して、UIディレクトリを作成します。コンテクストメニューで、User Interface > Widget Blueprintに移動します。
  2. ウィジェットのブループリントに、以下のインターフェース要素を追加します:
    • ユーザー名欄
    • ユーザーメールアドレス欄
    • ユーザーパスワード欄
    • 登録ボタン

次の図は、登録ページの構成例です。

  1. レベルの設計図を開きます:
    1. Content Browserのレベルを選択します。
    2. メインメニューで、Blueprints > Open Level Blueprintに移動します。
  2. レベル起動時のウィジェット表示を実装します。そのためには、以下のようにノードを追加します。CreateWidgetノードで、作成したウィジェットを指定します。

イベントハンドリングを追加する

  1. Hierarchyパネルで、登録ボタンを選択します。
  2. Detailsパネルで、On Clickedイベントの側にある+アイコンをクリックします。

  1. Graphのビューを開きます。
  2. XsollaLoginSubsystemオブジェクト上のRegisterUserメソッドコールをOnClickedノードにリンクし、ユーザーが入力したデータの受け渡しを追加します。
  3. コールバック機能を追加します:
    • OnRegistered — 登録が成功した場合に呼び出される
    • OnError — エラーが発生した場合に呼び出される

Note
イベント処理の例では、コールバック関数はPrintStringクラスを使用しています。コードとエラーの説明は、CodeDescriptionパラメータで渡されます。他のアクションを追加することができます。例えば、登録に成功した後の確認メールの再送ページや、ログインページを開くなどです。

  1. ウィジェットのデバッグを開始するには、レベルを開始します。

イベントハンドリングの実装例:

登録の確認メールを設定する

登録に成功すると、ユーザーは指定したアドレスに登録確認メールを受け取ります。パブリッシャーアカウントで、ユーザーに送られるメールはカスタマイズできます。

Androidアプリケーションを開発している場合、ユーザーが登録を確認した後、アプリケーションに戻るためのディープリンクをセットアップします。

登録確認メールの再送依頼を実装する

ウェジットを作成する

  1. Content Browserに移動して、UIディレクトリを開きます。コンテクストメニューで、User Interface > Widget Blueprintに移動します。
  2. ウィジェットのブループリントに、以下のインターフェース要素を追加します:
    • ユーザー名/メールアドレス欄
    • 再送信ボタン

次の図は、登録ページの構成例です。

  1. レベルの設計図を開きます:
    1. Content Browserのレベルを選択します。
    2. メインメニューで、Blueprints > Open Level Blueprintに移動します。
  2. CreateWidgetノードで、作成したウィジェットを指定します。

イベントハンドリングを追加する

  1. Hierarchyパネルで、登録ボタンを選択します。
  2. Detailsパネルで、On Clickedイベントの側にある+アイコンをクリックします。

  1. Graphのビューを開きます。
  2. XsollaLoginSubsystemオブジェクト上のResendAccountConfirmationEmailメソッドコールをOnClickedノードにリンクし、ユーザーによって入力されたデータの受け渡しを追加します。
  3. OnEmailResendOnErrorコールバック機能こーを追加します。
  4. ウィジェットのデバッグを開始するには、レベルを開始します。

リクエストが成功した場合、ユーザーは登録時に指定したメールアドレスに登録確認メールを受け取ります。

イベントハンドリングの実装例:

ユーザーログインを実装する

ウェジットを作成する

  1. Content Browserに移動して、UIディレクトリを開きます。コンテクストメニューで、User Interface > Widget Blueprintに移動します。
  2. ウィジェットのブループリントに、以下のインターフェース要素を追加します:
    • ユーザー名欄
    • パスワード欄
    • ログイン状態を保存するチェックボックス
    • ログインボタン

次の図は、ページ構成の一例です。

  1. レベルの設計図を開きます:
    1. Content Browserのレベルを選択します。
    2. メインメニューで、Blueprints > Open Level Blueprintに移動します。
  2. CreateWidgetノードで、作成したウィジェットを指定します。

イベントハンドリングを追加する

  1. Hierarchyパネルで、登録ボタンを選択します。
  2. Detailsパネルで、On Clickedイベントの側にある+アイコンをクリックします。

  1. Graphのビューを開きます。
  2. XsollaLoginSubsystemオブジェクト上のAuthenticateUserメソッドコールをOnClickedノードにリンクし、ユーザーによって入力されたデータの受け渡しを追加します。
  3. OnAuthenticatedOnErrorコールバック機能こーを追加します。

Note
ユーザーのログインが成功すると、認証トークンがLoginDataパラメータに渡されます。認証トークンは、エクソラサーバーへのリクエストで使用されます。

  1. ウィジェットのデバッグを開始するには、レベルを開始します。

イベントハンドリングの実装例:

パスワードリセットを実装する

ウェジットを作成する

  1. Content Browserに移動して、UIディレクトリを開きます。コンテクストメニューで、User Interface > Widget Blueprintに移動します。
  2. ウィジェットのブループリントに、以下のインターフェース要素を追加します:
    • ユーザー名/ユーザーメールアドレス欄
    • パスワードリセットボタン

次の図は、ページ構成の一例です。

  1. レベルの設計図を開きます:
    1. Content Browserのレベルを選択します。
    2. メインメニューで、Blueprints > Open Level Blueprintに移動します。
  2. CreateWidgetノードで、作成したウィジェットを指定します。

イベントハンドリングを追加する

  1. Hierarchyパネルで、パスワードリセットボタンを選択します。
  2. Detailsパネルで、On Clickedイベントの側にある+アイコンをクリックします。

  1. Graphのビューを開きます。
  2. XsollaLoginSubsystemオブジェクト上のResetUserPasswordメソッドコールをOnClickedノードにリンクし、ユーザーによって入力されたデータの受け渡しを追加します。
  3. OnAuthenticatedOnErrorコールバック機能こーを追加します。
  4. ウィジェットのデバッグを開始するには、レベルを開始します。

イベントハンドリングの実装例:

パスワード再設定のリクエストに成功すると、ユーザーにパスワード再設定用のリンクが記載されたメールが送信されます。リダイレクトアドレスは、パブリッシャーアカウント > あなたのログインプロジェクト > 一般設定 > URL > コールバックURLで設定できます。

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
非表示

ソーシャルログイン

このガイドでは、SDKメソッドを使用して、ユーザーのサインアップとソーシャルネットワークアカウントによるログインを実装する方法を紹介します。

ユーザー名/ユーザーのメールアドレスとパスワードによるユーザー認証とは異なり、ユーザーのサインアップのために別のロジックを実装する必要はありません。ユーザーの初回ログインがソーシャルネットワーク経由の場合、新しいアカウントが自動的に作成されます。

別の認証方法としてアプリケーションにソーシャルログインを実装している場合、以下の条件を満たすと、ソーシャルネットワークアカウントは既存のユーザーアカウントに自動的にリンクします。

  • ユーザー名/メールアドレスとパスワードでサインアップしたユーザーが、ソーシャルネットワークアカウントを介してアプリケーションにログインしました。
  • ソーシャルネットワークでは、メールアドレスを返します。
  • ソーシャルネットワークでのユーザーのメールアドレスは、アプリケーションで登録に使用したメールアドレスと同じです。

Note
ソーシャルネットワークアカウントの手動リンクを実装できます。ユーザーがソーシャルネットワークアカウントを自分のアカウントにリンクできるページを、アプリケーションに追加します。ページコントローラで、LinkSocialNetworkToUserAccount SDKメソッドを使用します。

この例では、Facebookアカウントによるユーザーログインを設定しています。すべてのソーシャルネットワークを同じ方法で設定できます。

例題の論理とインターフェースは、お客様のアプリケーションでの使用よりも複雑ではありません。認証システムの実装方法は、デモプロジェクトで紹介されています。

ウェジットを作成する

  1. Content Browserに移動して、UIディレクトリを作成します。
  2. コンテキストメニューで、User Interface > Widget Blueprintに移動します。
  3. ウィジェットブループリントで、ソーシャルログインボタンを追加します。

次の図は、ログインページの構成の一例です。

  1. レベルの設計図を開きます:
    1. Content Browserのレベルを選択します。
    2. メインメニューで、Blueprints > Open Level Blueprintに移動します。
  2. レベル起動時のウィジェット表示を実装します。そのためには、以下のようにノードを追加します。CreateWidgetノードで、作成したウィジェットを指定します。

イベントハンドリングを追加する

  1. Hierarchyパネルで、登録ボタンを選択します。
  2. Detailsパネルで、On Clickedイベントの側にある+アイコンをクリックします。

  1. Graphビューを開きます。
  2. ビルドインブラウザで開くログインページを実装します:

    1. XsollaLoginSubsystemオブジェクトに接続されたGetSocialAuthenticationUrlメソッドコールをOnClickedノードにリンクし、ユーザーが入力したデータの受け渡しを追加しました。ProviderNameパラメータにFacebookの値を渡します。
    2. コールバック関数を追加します:
      • OnUrlReceived — ページのURLの受信に成功した場合に呼び出されます。受信したURLはUrlパラメータに渡されます。
      • OnError — エラーが発生した場合に呼び出されます。

Note
イベントハンドリングの例では、OnError関数がPrintStringクラスを使用しています。コードとエラーの説明は、CodeDescriptionパラメータで渡されます。他のアクションを追加することもできます。

  1. ユーザーログインを実装します:
    1. XsollaLoginSubsystemオブジェクトにリンクされたLaunchSocialAuthentication SDKメソッドを呼び出します。
    2. ログインページのURLを渡します。

  1. トークンを取得するには、ユーザーのログインが成功した後のログインページのURL変更を追跡します:
    1. ログインに成功した後にブラウザを閉じる機能を実装します。
    2. OnSocialAuthCompletedメソッドを呼び出し、BrowserClosedイベントを購読します。

Note
URLからのトークンの取得は、ビルトインブラウザの設計図で行います。認証トークンは、LoginDataパラメータに渡されます。エクソラサーバへのリクエストで使用します。

イベントハンドリングの実装例:

この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
非表示
この記事は役に立ちましたか?
ありがとうございます!
改善できることはありますか? メッセージ
申し訳ありません
この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
ご意見ありがとうございました!
あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
このページを評価する
このページを評価する
改善できることはありますか?

答えたくない

ご意見ありがとうございました!
最終更新日: 2021年6月17日

誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

問題を報告する
当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
フォローアップ用のメールをご提供してください
ご意見ありがとうございました!