決済ソリューション / 構成をリダイレクトする
  ドキュメントに戻る

決済ソリューション

構成をリダイレクトする

概要

ユーザーが支払いを完了した後に別のページにリダイレクトするには、アドミンページまたはAPI経由でリダイレクトを設定できます。さまざまな支払いステータス(支払い完了またはキャンセル)に対して、次のリダイレクトを構成できます:

  • 自動 — 設定された遅延時間でリダイレクトされます。
  • 手動 — ユーザーがリダイレクトボタンをクリックした後、リダイレクトされます。

自動的にリダイレクトを設定することと手動でのリダイレクトを同時に構成することができます。ユーザーは引き続き、アプリケーションに戻るためのリダイレクトボタンをクリックすることができます。それ以外の場合、構成された遅延時間が経過すると自動的にリダイレクトされます。

注意
制限:
  • API経由で渡されたリダイレクト構成は、アドミンページで構成されたものよりも優先されます。
  • 自動リダイレクト構成は、手動リダイレクト用に設定された構成よりも優先されます。たとえば、手動リダイレクトと遅延時間 0 秒の自動リダイレクトの両方が支払い完了に対して設定されている場合、自動リダイレクトが行われます。
以下のGETパラメータは、ユーザーがリダイレクトされるURLに自動的に追加されます:
  • user_id — ユーザーID。
  • foreigninvoiceexternal_idパラメータで渡されるトランザクションID。
  • invoice_id — トランザクションID。
  • status — トランザクション状況。以下の値を持つことができます:
トランザクション状況。説明
done支払いは正常に完了しました。
invoice支払いのインボイスが生成されました。
delivering支払いはエクソーラ側で処理されています。
troubled支払い処理中または返金処理中にエラーが発生しました。
full_change支払いはエクソーラの残高で行われました。

ユーザーがリダイレクトされるURLの例: {Return URL}?user_id=[value]&foreignInvoice=[value]&invoice_id=[value]&status=done

ユーザーが支払いを完了する前に決済UIタブを閉じた場合、次の形式で指定されたリダイレクトURLにリダイレクトされます:{Return URL}?user_id=[value]&invoice_id=. 決済UIがPay Station Embedで開いた場合、決済UIを閉じるとウィジェットが閉じ、ユーザーはゲームに戻ります。

自動リダイレクトを構成する

以下の場所で自動リダイレクトを構成することができます:

  • アドミンページで
  • API経由で
  • アドミンページでの自動リダイレクトを構成する

    1. アドミンページであなたのプロジェクトを開き、ペイステーション>設定>リダイレクトポリシーに移動します。
    1. リターンURL」フィールドには、支払いを行った後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパス(ディープリンク)を入力します。ゲームモバイルアプリケーションでユーザーが決済UIを開いたときのユーザーエクスペリエンスを向上させるには、リターンURLとしてディープリンクを指定することをお勧めします。
    2. ドロップダウンリストで、「自動リダイレクト条件」を選択します:
      • なし — リダイレクトしません
      • 支払い完了 — 支払いが完了した場合リダイレクトされます。
      • 支払い完了またはキャンセル — 支払いが完了またはキャンセルされた場合リダイレクトされます。
      • 任意の支払い — 任意の支払いステータスに応じてリダイレクトされます。
    3. 遅延」フィールドに、リダイレクトタイムアウトを秒単位で入力します。デフォルトでは、リダイレクトは0秒でアクティブになります。
    4. リダイレクトボタンを追加せずに自動リダイレクトのみを構成したい場合は、「手動リダイレクト条件」ドロップダウンリストで、「なし — リダイレクトしません」を選択してください。
    5. 保存」をクリックします。

    API経由で自動リダイレクトを構成する

    リダイレクトを構成するには、トークンを作成する APIコールで以下のデータを渡します:

    • settings.return_url — 支払いを行った後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパス(ディープリンク)。ゲームモバイルアプリケーションでユーザーが決済UIを開いたときのユーザーエクスペリエンスを向上させるには、リターンURLとしてディープリンクを指定することをお勧めします。
    • settings.redirect_policy.redirect_conditions — リダイレクト条件:
      • none — リダイレクトしません。
      • successful — 支払いが完了した場合リダイレクトされます。
      • successful_or_canceled — 支払いが完了またはキャンセルされた場合リダイレクトされます。
      • any — 任意の支払いステータスに応じてリダイレクトされます。
    • settings.redirect_policy.delaysettings.return_urlパラメータで渡されたURLへのリダイレクトがアクティブになるまでのタイムアウト時間(秒)です。デフォルトでは、リダイレクトは0秒でアクティブになります。

    手動リダイレクトを構成する

    以下の場所で手動リダイレクトを構成することができます:

    注意
    API経由で渡されるリダイレクト構成は、アドミンページで設定されたものよりも優先されます。

    アドミンページでの手動リダイレクトを構成する

    1. アドミンページであなたのプロジェクトを開き、ペイステーション>設定>リダイレクトポリシーに移動します。
    1. リターンURL」フィールドには、支払いを行った後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパス(ディープリンク)を入力します。ゲームモバイルアプリケーションでユーザーが決済UIを開いたときのユーザーエクスペリエンスを向上させるには、リターンURLとしてディープリンクを指定することをお勧めします。
    2. 手動リダイレクトのみを構成したい場合は、「自動リダイレクト条件」ドロップダウンリストで、「なし — リダイレクトしません」を選択してください。
    3. 遅延」フィールドを空白のままにしてください。
    4. 手動リダイレクト条件」ドロップダウンリストで、リダイレクトボタンが表示されたときの支払いステータスを選択します:
      • なし — リダイレクトしません
      • 支払い完了 — 支払いが完了した場合リダイレクトされます。
      • 支払い完了またはキャンセル — 支払いが完了またはキャンセルされた場合リダイレクトされます。
      • 任意の支払い — 任意の支払いステータスに応じてリダイレクトされます。
    5. リダイレクトボタンのキャプション」フィールドに、ユーザーをリターンURLにリダイレクトするボタンのコピーを入力します。
    6. 保存する」をクリックします。
    注意

    デフォルトでは、リダイレクトボタンのコピーはゲームに戻るとなっています。これは、すべてのペイステーション言語にローカライズされています。

    プロジェクトが複数の言語をサポートしている場合は、それぞれのフィールドにリダイレクトボタンのコピーを入力できます。

    ユーザーが決済UIを閉じると、指定したリターンURLにもリダイレクトされます。

    API経由で手動リダイレクトを構成する

    リダイレクトを構成するには、トークンを作成する APIコールで以下のデータを渡します:

    • settings.return_url — 支払いを行った後にユーザーがリダイレクトされるURLアドレスまたはパス(ディープリンク)。ゲームモバイルアプリケーションでユーザーが決済UIを開いたときのユーザーエクスペリエンスを向上させるには、リターンURLとしてディープリンクを指定することをお勧めします。
    • settings.redirect_policy.manual_redirection_action — ユーザーが「閉じる」ボタンまたは「戻る」ボタンをクリックすることによってトリガーされる決済UI の動作:
      • redirect(デフォルト) — ユーザーはリターンURLにリダイレクトされます。
      • postmessage — 閉じるアイコンをクリックすると、close-widgetイベントが送信され、戻るボタンをクリックすると、returnイベントが送信されます。この場合、ユーザーはリターンURLにリダイレクトされません。決済UIを閉じる、またはリダイレクトする場合は、イベントの処理を構成する必要があります。この設定はAPI使用時のみ有効です。
    • settings.redirect_policy.redirect_button_caption — ユーザーをリターンURLにリダイレクトするボタンのコピー。
    • settings.redirect_policy.status_for_manual_redirection — リダイレクトボタンが表示されたら、支払いステータスが表示されます:
      • none — リダイレクトしません。
      • successful — 支払いが完了した場合リダイレクトされます。
      • successful_or_canceled — 支払いが完了またはキャンセルされた場合リダイレクトされます。
      • any — 任意の支払いステータスに応じてリダイレクトされます。

    注意
    決済UIがiframeで開かれており、settings.ui.desktop.header.close_buttonパラメータがtrueに設定されている場合、ユーザーが閉じるアイコンをクリックするとpostmessageイベントのみが送信されます。これにより、イベントを処理して決済UIを閉じることができ、ユーザーは決済が開始されたページにとどまることができます。

    リダイレクト構成の例

    アドミンページで、3秒間の遅延を伴う自動リダイレクトを設定しました。この操作は、モバイル版とデスクトップ版の両方の決済UIに適用されます。アドミンページで設定されたコンフィギュレーションは次のようになります:

    ゲームのモバイルアプリケーションで決済UIを開くための設定を更新する必要がある場合、つまり、リダイレクトボタンを追加したり、リターンURLとしてディープリンクを指定したりするには、トークンで渡された設定を更新する必要があります:

    パラメータ
    settings.return_urlユーザーをゲームアプリケーションにリダイレクトするディープリンク。
    settings.redirect_policy.redirect_conditionsany
    settings.redirect_policy.manual_redirection_actionredirect
    settings.redirect_policy.redirect_button_captionリダイレクトボタンのコピー。
    トークン取得のリクエストは次のようになります:
    Copy
    Full screen
    Small screen
      {
          "user": {
              "country": {
                  "value": "US"
              },
              "id": {
                  "value": "1234abCd"
              },
              "name": {
                  "value": "John Smith"
              }
          },
          "settings": {
              "currency": "USD",
              "project_id": 123456,
              "language": "en",
              "return_url": "myapp://payment/successful",
              "ui": {
                  "desktop": {
                      "header": {
                          "visible_logo": true
                      }
                  }
              },
              "redirect_policy": {
                  "redirect_conditions": "any",
                  "redirect_button_caption": "Back to Store",
                  "manual_redirection_action": "redirect",
                  "status_for_manual_redirection": "any"
              },
              "external_id": "1a2b3c"
          },
          "custom_parameters": {
              "timestamp": 1234512345123,
              "sku": "testSKU",
              "amount": "10"
          },
          "purchase": {
              "virtual_items": {
                  "items": [
                      {
                          "sku": "testSKU",
                          "amount": 1
                      }
                  ]
              }
          }
      }
      
      この記事は役に立ちましたか?
      ありがとうございます!
      改善できることはありますか? メッセージ
      申し訳ありません
      この記事が参考にならなかった理由を説明してください。 メッセージ
      ご意見ありがとうございました!
      あなたのメッセージを確認し、体験を向上させるために利用させていただきます。
      このページを評価する
      このページを評価する
      改善できることはありますか?

      答えたくない

      ご意見ありがとうございました!
      最終更新日: 2024年7月16日

      誤字脱字などのテキストエラーを見つけましたか? テキストを選択し、Ctrl+Enterを押します。

      問題を報告する
      当社は常にコンテンツを見直しています。お客様のご意見は改善に役立ちます。
      フォローアップ用のメールをご提供してください
      ご意見ありがとうございました!