Xsolla-logo

ユーザー向けプロモーション制限を更新する

delete/v2/project/{project_id}/admin/user/limit/promotion/id/{promotion_id}/all

ユーザーがこのプロモーションを再度使用できるように、プロモーション制限を更新します。userパラメータがnullである場合、このコールはすべてのユーザーのこの制限を更新します。

User limit API を使用すると、ユーザーがプロモーションを使用できる回数を制限できます。ユーザー制限自体を構成するには、目的のプロモーションタイプの管理セクションに移動します:

SecuritybasicAuth
Request
path Parameters
project_id
required
integer

プロジェクトID。このパラメータは、ドメインページのプロジェクト名の横にあります。

Example: 44056
promotion_id
required
integer

プロモーションID。プロジェクト内での一意のプロモーション識別子。

Example: 111425
Request Body schema: application/json
required
object or null
user_external_id
string non-empty ^\S+$

ユーザーexternal ID。

Responses
200

プロモーション制限が正常に更新されました。

401

基本認証が不合格または不正です。基本認証または正しい認証情報を使用したことを確認してください。

404
422
Request samples
application/json
{
  • "user": {
    }
}
Response samples
application/json
{
  • "errorCode": 1020,
  • "errorMessage": "[0401-1020]: Error in Authentication method occurred",
  • "statusCode": 401
}